« [22]もっとも、多く利用している地名辞典は、 | トップページ | [24]新人名用漢字3 »

2005年9月24日 (土)

[23]一人のためだけに作られた字

 他のブログ用に書いたものだが、こちらのブログのほうがよりふさわしいと思い、一部書き換えて、転載した。

 私の勤務先の近所にこの字を使って、名乗りの「サ」にあてている人がいる。

 この字は、この人の名乗りに使われているだけで、その他、使われたことがなさそうである。

 おそらく、この方の両親のいずれかが、考え出した字ではないかと思われる。

 「作」は、「サ」と読めるが、雨冠をつけた理由は、わからない。

 「鶴」にも雨冠をつけた異体字があるから、それらに倣って考えたのかもしれない。

 今後も、この字は、名乗りに使われることはなく、地名等に使われる可能性もないことから、将来的には、誰も読めない字になってしまいそうである。

 国字というより、個人文字であるが、住宅地図にもこの字で載っており、戸籍や住民票もそうであると思われる。


 2位です。(1位・3位・4位・5位も私のブログです。5位以上完全制覇復活できました。クリックして応援してください。(抜いたブログの中に自分のものがあるのは、複雑な気持ちです。)
ホームページランキング

 2位になりました。(1位・3位・4位も私のブログで、4位以上完全制覇です。)クリックして応援してください。

 このランキングにも参加しました。24位になれましたが、20位以内になるのは、かなり応援していただかないと無理なようです。クリックして、応援をお願いします。
人気blogランキング
(15位・16位・18位も私のブログです。)


 まだまだ本格的に立ち上がっているといいがたいこのブログに、こんなに多くのご支持をいただき有難うございます。

|

« [22]もっとも、多く利用している地名辞典は、 | トップページ | [24]新人名用漢字3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/37844/946096

この記事へのトラックバック一覧です: [23]一人のためだけに作られた字:

« [22]もっとも、多く利用している地名辞典は、 | トップページ | [24]新人名用漢字3 »