« [28]丹羽基二氏による最大の苗字辞典 | トップページ | [30]人名用漢字は、今後増えることはないか »

2005年10月 2日 (日)

[29]福を呼ぶ印鑑なんかあるのか

 名付けのついて、姓名判断のような占いにたよってはいけないことは、先日話しました。

 縁起がいい印鑑というのも、新聞広告に出たり、場合によっては、職場に販売に来たりします。

 以前、職場にそのような方が来たときのことです。

 あんたとこの販売しているのは、書体は、本来の書体を変形しているんだけど、そんなことして縁起悪くならないのか。

 元となった書体ができる前の人たちは、縁起が悪かったのか。

 漢字が入ってきても、まだ印鑑を使うようになる以前の日本人は、どうだったのか。

 苗字にかなしかない人や女性でかなしかない名前を判にする人は、する人はどうするのか。

 印鑑を使わない外国人は、どうなるのか。

 署名捺印といえば、本人が書いたことがはっきりしていれば、捺印は不必要なんだけど、この場合の運勢は。

 こういったことすべてきちんと答えられた上で、縁起がいいといっている内容の科学的根拠も答えられないと、おかしいよね。

 こういったことを、矢継ぎ早にたずねると、販売に来ていた数人の中で、一番若い女性が半泣きになったのです。

 こんなこと答えられるはずありませんものね。

 若気の至りで、気の毒なことをしたと思いましたが、こんな胡散臭い商売に手を出してはいけないんだということが分かってもらえばいいかなとも思いました。


 3位です。(1位・5位・6位・8位も私のブログです。5位以上完全制覇は、崩れました。クリックして応援してください。(抜いたブログの中に自分のものがあるのは、複雑な気持ちです。)
ホームページランキング

 2位になりました。(1位・3位・4位も私のブログで、4位以上完全制覇です。)クリックして応援してください。

 このランキングにも参加しました。32位に落ちました。22位以内に復活するのは、かなり応援していただかないと無理なようです。クリックして、応援をお願いします。
人気blogランキング
(19位・23位・27位も私のブログです。)

 まだまだ本格的に立ち上がっているといいがたいこのブログに、こんなに多くのご支持をいただき有難うございます。

|

« [28]丹羽基二氏による最大の苗字辞典 | トップページ | [30]人名用漢字は、今後増えることはないか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/37844/946102

この記事へのトラックバック一覧です: [29]福を呼ぶ印鑑なんかあるのか:

« [28]丹羽基二氏による最大の苗字辞典 | トップページ | [30]人名用漢字は、今後増えることはないか »