« [32]名付けに使う字は、字源的に良い字の方が良いか | トップページ | [34]なぜ皇族に苗字がないのか »

2005年10月 6日 (木)

[33]小さい自慢話

 一つ目の自慢話は、他のブログに書いたが、このブログにふさわしいものをこちらに書いておく。

 このブログの著者として、苗字研究の第一人者である丹羽基二氏と知り合いであるということは、十分自慢できるが、同氏の『日本苗字大辞典』(1セット346,500円)に協力者として、名前が載っているということは、もっと自慢できることだ。

 ただ、外国向けの名前が、NOZOMIとなっているのは、ご愛嬌とはいいにくい。

 5位です。(3位・6位・7位・9位も私のブログです。5位以上完全制覇は、いまや夢物語です。クリックして応援してください。(抜いたブログの中に自分のものがあるのは、複雑な気持ちです。)
ホームページランキング

 2位になりました。(1位・3位・4位も私のブログで、4位以上完全制覇です。)クリックして応援してください。

 このランキングにも参加しました。29位争いをしています。22位以内に復活するのは、かなり応援していただかないと無理なようです。クリックして、応援をお願いします。
人気blogランキング
(17位・22位・23位も私のブログです。)

 まだまだ本格的に立ち上がっているといいがたいこのブログに、こんなに多くのご支持をいただき有難うございます。

|

« [32]名付けに使う字は、字源的に良い字の方が良いか | トップページ | [34]なぜ皇族に苗字がないのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/37844/946106

この記事へのトラックバック一覧です: [33]小さい自慢話:

« [32]名付けに使う字は、字源的に良い字の方が良いか | トップページ | [34]なぜ皇族に苗字がないのか »