« [61]旧字体を使った姓名判断が不可能になるとき | トップページ | [63]一押しの名付け辞典 »

2005年12月10日 (土)

[62]名付け辞典は、何の役にも立たないか

 結論から言うと、そんなことはない、大いに役に立つといえる。

 特に、家に新しい漢和辞典などないし、漢和辞典は苦手だという方にとっては、十分役に立つといえる。

 いろいろな名乗りの候補が出ているし、現在使えない漢字を使ったものは入っていないので、せっかく考えた名前が、使えない文字を使っているという理由で、受け付けてもらえないこともない。

 ただし、できれば新しく編集されたものの方がよい。

 昨年、人名用漢字が488字追加され、923字になっているので、それに対応している方がよいということだ。

 それと編者は、占い師とか素性の分からない姓名判断の分野の人ではなく、漢字の専門家のほうが良いと言うのは言うまでもない。

 気に入った本の候補をいくつかに絞ったら、編者や監修者の名前を控えて、漢和辞典売り場で、漢和辞典の編者のなかにその人がいるかどうか調べてみるとよい。

 最近出た本の中には、一冊本漢和辞典の最高峰といえる『学研新漢和大字典』の編者、加納喜光先生が監修しているものもある。

 それでも、最終的には、漢和辞典で、いい意味の漢字かどうか調べたほうが良いのは、間違いないことである


 3位(最高2位)です。(4位・7位・8位・15位・23位も私のブログです。5位以上完全制覇は、昔日の感があります。2位の方の背中が見え始めました。引き続き、クリックして応援してください。(抜いたブログの中に自分のものがあるのは、複雑な気持ちです。)
ホームページランキング

 38位に落ちてしまいました。20位以内を目指したいと思いますので、引き続き、クリックして、応援をお願いします。
人気blogランキング
(18位・24位・57位も私のブログです。)


 2位に落ちましたが、再度1位を目指しています。(3位・4位・8位・12位・14位も私のブログで、5位以上完全制覇は、崩れました。)クリックして応援してください。


 昨日は、今まで最高の 291アクセスありました。まだまだ不十分なこのブログに、こんなに多くのご支持をいただき有難うございます。
  

|

« [61]旧字体を使った姓名判断が不可能になるとき | トップページ | [63]一押しの名付け辞典 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/37844/946135

この記事へのトラックバック一覧です: [62]名付け辞典は、何の役にも立たないか:

» Diazepam and clonopam. [Diazepam.]
Diazepam. [続きを読む]

受信: 2007年3月20日 (火) 17時37分

« [61]旧字体を使った姓名判断が不可能になるとき | トップページ | [63]一押しの名付け辞典 »