« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年12月31日 (土)

[79]名付けに関する心構え

 このブログでは、名前に使える漢字(人名用漢字など)についても取り上げてきましたが、主に(特に最近)タイトルにあるように、名付けに関する心構えを説いてきたつもりです。

 ちょっと扱うテーマが大きすぎた嫌いもありますので、人名用漢字にたとえるなら、その全貌よりも単漢字や似た意味を持つ漢字などミニマムに近い視点を中心に据えようと思います。

 しかしながら、今まで一本通してきた、姓名判断という単なる占いに過ぎない迷信を排除すると言う考えに基づいた解説をするということには、違いありません。

 漢字の専門知識があるかのごときスタンスを取りながら、「常用漢字ではなく数千年にわたり字形の変更がない正字により判断する」などと本当にこっけいなことを言う姓名判断家も珍しくありません。

 正字というものは、『康煕字典』で大きく捻じ曲げられてしまったものがあることを知らず、かつ康煕字典を信奉しているかに見えながら、「康煕字典体」ではなく、「いわゆる康煕字典体」を正字であるとしている人も多いなど、他人から見料(相談料)を取るに足りないレベルの知識しかない方も少なくないのではと思われる。

 旧字体を正字とする方の中には、「台」にあっては「台」自体が旧字体であることをきちんと認識していなかったり、「弁」にあっては「弁」自体が旧字体であるばかりでなく、数字もの旧字体が存することから、どの字が旧字体に該当するのか分からないと、姓名判断できないということを理解できている人がどの程度いるのか、疑問でもあります。

 19位(最高18位)になりました。15位以内を目指したいと思いますので、引き続き、クリックして、応援をお願いします。
(16位・21位・25位も私のブログです。)
人気blogランキング
 次のランキングへの膨大な支持者の一部の方をこちらに誘導できればと思い、ランキングの貼り付け順を変更してみましたが、今のところ、次のランキングに主に投票いただいているようで、もくろみは、崩れた形です。


完全に2位(最高2位)を固めました。(3位・4位・5位・12位・16位も私のブログです。5位以上完全制覇は、昔日の感があります。3位以下のサイトとは、私のものも含め、完全に差がついた感がありますが、引き続き、クリックして応援してください。(抜いたブログの中に自分のものがあるのは、複雑な気持ちです。)
ホームページランキング


 2位に落ちましたが、1位も私のブログであり、僅差です。(1位・3位・8位・9位・11位・14位も私のブログで、5位以上完全制覇は、崩れました。)1位復帰を目指したいと思います。クリックして応援してください。


  26日は、それまで最高の617アクセスを記録し、27日が535アクセス、28日が489アクセスありました。29日は、637アクセスと、また最高を更新しました。30日は、549アクセスで、12月は同日までで、10,238アクセスと初めて10,000アクセスを超えました(10月は、3,824アクセス、11月は4,650アクセス、9月は控えていないが約3,000アクセス程度)。記して、感謝の意を表します。


 本年は、多くの応援有難うございます。おかげさまで、ランキング1位と2位を獲得することができました。
 来年もよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (52)

2005年12月30日 (金)

[78]「花」という字が縁起が悪いという屁理屈について

 確かに「死」など、人の名前に使うには、意味が悪いと思われる字は、存在する。

 しかし、この字であっても、「不老不死を願う」などと積極的にいい意味に使われることもある。

 それからすると、綺麗な「はな」を表す「花」が、「はな」は、散るものであるから、縁起が悪いなどというのは、屁理屈に過ぎない。

 それであれば、動植物をはじめとする全ての生き物は、死ぬから縁起が悪いということになり、「生」の字や新しく人名用漢字に入った「苺」なども縁起が悪いから使うなということになりかねない。

 同じように「美しい」ものは、いずれそうでなくなるから縁起が悪いとか、「正しい」とは、権力者側の理論だからよくないとか、理由をつければ、どんな良い意味の字でも縁起が悪くなる。

 逆に「死」は、上に触れたようにいい意味にも使え、他の生き物の糧になるから悪いことではないとか、「悪」とは、権力者側を「正」とした場合に従わなかった「民」のことであり、「民衆」である一般人にとって本来良くない意味の字ではないなどとすると、全て逆転してしまう。

 以上のことから、屁理屈抜きで、普段良い意味に使う字なのかそうでないのかを判断し、良い意味の字を使って、お子さんの名前を付けましょう。

 19位(最高18位)になりました。15位以内を目指したいと思いますので、引き続き、クリックして、応援をお願いします。
(16位・22位・26位も私のブログです。)
人気blogランキング
 次のランキングへの膨大な支持者の一部の方をこちらに誘導できればと思い、ランキングの貼り付け順を変更してみましたが、今のところ、次のランキングに主に投票いただいているようで、もくろみは、崩れた形です。


完全に2位(最高2位)を固めました。(3位・4位・5位・11位・19位も私のブログです。5位以上完全制覇は、昔日の感があります。3位以下のサイトとは、私のものも含め、完全に差がついた感がありますが、引き続き、クリックして応援してください。(抜いたブログの中に自分のものがあるのは、複雑な気持ちです。)
ホームページランキング


 1位に復帰しましたが、接戦です。(2位・3位・8位・9位・10位・14位も私のブログで、5位以上完全制覇は、崩れました。)1位キープを目指したいと思います。クリックして応援してください。


  26日は、それまで最高の617アクセスを記録し、27日が535アクセス、28日が489アクセスありました。昨日は、637アクセスと、また最高を更新しました。記して、感謝の意を表します。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

[77]ステータスの高い、美人系の名前

 美人系の名前をつけたいけれど、「美」は、ありふれているから使いたくない。

 「美」を使っても良いけれど、ほかの美人系の字もダブって使いたい。

 こんな場合について考えて見ましょう。

 美人をあらわす言葉に「佳人」・「麗人」・「華人」などがあり、ステータスが高いと思う順に並べてみました。

 「華人」は、華やかできらびやかな美人という意味で、財産家・高貴な家の婦人という感じで、そういった部分ではステータスが高そうですが、単に美人である本人のステータスということで比べると、他の二つに比べると、やや劣る雰囲気があります。

 「麗人」は、「深窓の麗人」という表現もあるように、単なるポットででセレブと呼ばれている富裕な家の婦人ではなく、世間の垢にまみれることのない名家のお嬢さんや麗夫人といった感じがあります。「華人」の単なる派手な感じと違って、麗しく落ち着きのある風格あふれた、よりステータスの高い美人という感じです。

 「佳人」は、単なる美人ではなく、聖人君子的な高い風格と聡明さを兼ね備えています。「華人」や「麗人」が家の格をまとってステータスを上げようとしているのに比較して、「佳人」は、そのようなものをまとった、他の二つに比べて、本人のステータスだけで、格の違いを見せ付けるという美人です。家の格で言えば、天子(皇帝)の格で、他の美人とは比較のできない高みです。

 ではどんな名前がつけられるか、例示してみましょう。

 美華は、字のとおり、華やかな美人という感じです。

 麗美は、麗しい美人という以外に、字音もよく、すばらしい名前です。

 美佳は、ぱっと見、ありふれた感じがしますが、実は、最上級の聡明な美人をひそかに目指しているんだぞという名前という感じです。

 清佳は、清らかな佳人。佳人は上に説明したとおり。「きよか」ではなく、「さやか」と読ませる。「さやか」は、「くっきり」・「はっきり」の意味。よって清佳は、はっきりと清らかで最上級の聡明さや信頼感の高さを兼ね備えたとびっきりの美人という意味を表します。


 あまり格の高すぎる名前をつけると、名前負けするかもしれない。両親が美男・美女でないのに娘がそうなるわけがないなどと考えずに、とびっきりの名前をつけてあげましょう。

 21位(最高18位)になりました。15位以内を目指したいと思いますので、引き続き、クリックして、応援をお願いします。
(18位・24位・28位も私のブログです。)
人気blogランキング
 次のランキングへの膨大な支持者の一部の方をこちらに誘導できればと思い、ランキングの貼り付け順を変更してみましたが、今のところ、次のランキングにのみ投票いただいているようで、もくろみは、崩れた形です。


完全に2位(最高2位)を固めました。(3位・4位・5位・11位・20位も私のブログです。5位以上完全制覇は、昔日の感があります。3位以下のサイトとは、私のものも含め、完全に差がついた感がありますが、引き続き、クリックして応援してください。(抜いたブログの中に自分のものがあるのは、複雑な気持ちです。)
ホームページランキング


 1位に復帰しましたが、接戦です。(2位・3位・8位・9位・10位・14位も私のブログで、5位以上完全制覇は、崩れました。)1位キープを目指したいと思います。クリックして応援してください。


  26日は、それまで最高の617アクセスを記録し、27日が535アクセス、28日が489アクセスありました。昨日は、637アクセスと、また最高を更新しました。記して、感謝の意を表します。

 次回は、「花の字が縁起が悪いという屁理屈」を書きたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月29日 (木)

[76]名付けで画数を気にするのは、常に悪いとは、限らない

 言っていることが、普段と違うと思われるかもしれません。

 ただし、占いに使うということ以外で、ということです。

 良い意味の字だということであっても、画数の多いものばかり選ぶと、重々しすぎますし、小学校低学年のころだと、お子さんが、自分の名前の漢字を覚えるのに苦労します。特に苗字の画数が多い場合は、やや画数の少ない漢字を選びましょう。

 かといって、画数の少ない漢字ばかり選んでも、軽すぎる嫌いがありますし、字のバランスがとくにくく、そういった意味で、書くのに苦労するかもしれません。特に苗字の漢字の画数が少ない場合は、多めの画数の漢字を選びましょう。

 具体的にいうと、両方でやや差があるものの、一文字当たり、十画前後、少なくても五画平均から多くても十数画平均までの範囲内と考えましょう。あくまで、目安ではありますが、その程度がいいと思います。


 閑話休題。

 本来、このブログは、動植物名・人名・地名その他の名前漢字一般に関するブログを目指していました。

 私は、ジテンフェチかつ漢字フェチですから、そのなかでも難読のものを取り上げたり、読みがわからないという相談を受けようと思っていましたが、副次的にはじめた、名付け関係と人名用漢字関係のほうが人気が高く、名付け中心のブログになってしまいました。

 本来からすると、不本意ではありますが、検索エンジンでの支持も非常に高く、ランキングでの支持も2位ホームページランキング)ではありますが、ちょっと驚くばかりの高い水準の投票をいただいています。

 ブログの名前や最初に示していた方向性と違うじゃないかというお叱りがあれば別ですが、そういうこともありませんので、この方向性を保ちたいと思っています。

 ただ、一回一回に取り上げるテーマが、やや大きめですので、遠くない将来、取り上げる内容がなくなる危険性がありますので、新人名用漢字を中心とした、名付けに使える漢字についても取り上げたいと思います。

 23位(最高18位)に落ちました。15位以内を目指したいと思いますので、引き続き、クリックして、応援をお願いします。
(17位・19位・25位も私のブログです。)
人気blogランキング
 次のランキングへの膨大な支持者の一部の方をこちらに誘導できればと思い、ランキングの貼り付け順を変更してみましたが、今のところ、次のランキングにのみ投票いただいているようで、もくろみは、崩れた形です。


完全に2位(最高2位)を固めました。(3位・5位・6位・11位・24位も私のブログです。5位以上完全制覇は、昔日の感があります。3位以下のサイトとは、私のものも含め、完全に差がついた感がありますが、引き続き、クリックして応援してください。(抜いたブログの中に自分のものがあるのは、複雑な気持ちです。)
ホームページランキング


 1位に復帰しましたが、接戦です。(2位・3位・8位・9位・11位・13位も私のブログで、5位以上完全制覇は、崩れました。)1位キープを目指したいと思います。クリックして応援してください。


  26日は、今まで最高の617アクセスを記録し、27日が535アクセス、28日が489アクセスありました。記して、感謝の意を表します。


 次回は、ステータスの高い美人系の名前についての話題にしたいと思いますが、予定は、未定ということで、変えるかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (38)

2005年12月28日 (水)

[75]姓名判断などという迷信をなくさないといけないひとつの理由

 大恋愛の結果、彼女・彼氏にプロポーズしたとします。

 ところが、相手から意外なことを言われます。

 あなたのことは、大好きなんだけど、姓名判断によると、結婚してあなたの姓にすると大凶数になってしまうので、プロポーズされたら、どう答えようとずっと悩んでた。

 そんなこと悩むことない。夫婦どちらの姓を名乗っても良いんだから。

 あなたが、私の姓を名乗っても、大凶数になるし、夫婦別姓なんて絶対いやだし、世話になっている方がやっている姓名判断だから都合のいい流派で判断することもできないから困っている。

 こうなると、本末転倒のことで、結婚できないということになりかねません。

 しかし、自分の世話になっている人が姓名判断に携わっていたり、自分が少しでも、姓名判断を信じていれば、相手の言うことも無碍にできず、八方塞なってしまいます。

 こういった不幸をなくすためにも、姓名判断などという迷信は、なくさなければならないのです。


完全に 2位(最高2位)を固めました。(3位・4位・6位・10位・21位も私のブログです。5位以上完全制覇は、昔日の感があります。3位以下のサイトとは、私のものも含め、完全に差がついた感がありますが、引き続き、クリックして応援してください。(抜いたブログの中に自分のものがあるのは、複雑な気持ちです。)
ホームページランキング


 22位(最高18位)に落ちました。15位以内を目指したいと思いますので、引き続き、クリックして、応援をお願いします。
(18位・20位・29位も私のブログです。)
人気blogランキング


 1位に復帰しましたが、接戦です。(2位・3位・8位・9位・12位・13位も私のブログで、5位以上完全制覇は、崩れました。)1位キープを目指したいと思います。クリックして応援してください。


  26日は、今まで最高の617アクセスを記録し、昨日も535アクセスありました。記して、感謝の意を表します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月27日 (火)

[74]漢字の文字数を考えた名付け

 印刷されたものにせよ、パソコンで作られたものにせよ、名簿を見ればわかりますが、漢字四文字を中心に三文字と五文字の場合の方にも対応できるといったつくりになっているかと思います。

 苗字は、二文字のものが多いですから、名前も二文字を基本として、一文字か三文字の範囲内でつけるというのが、常識であるということがわかります。

 苗字が三文字とか四文字ということになれば、できるだけ短く、四文字以上であれば、原則一字名前をつけたほうが良いでしょう。

 三字名前をつけるのは、苗字が一字の場合のみと考えた方が良く、少なくとも三字苗字以上の場合は、原則的にやめたほうが良いでしょう。

 四字名前は、一字苗字以外では、まったく考慮の外ですし、五字以上の名前は、特別な理由がない限りやめるべきです。

 あくまで、何事も常識の範囲内でということからの原則論にたったアドバイスです。


完全に 2位(最高2位)を固めました。(3位・6位・7位・10位・19位も私のブログです。5位以上完全制覇は、昔日の感があります。3位以下のサイトとは、私のものも含め、完全に差がついた感がありますが、引き続き、クリックして応援してください。(抜いたブログの中に自分のものがあるのは、複雑な気持ちです。)
ホームページランキング


 18位(最高18位)になれました。15位以内を目指したいと思いますので、引き続き、クリックして、応援をお願いします。
(17位・20位・26位も私のブログです。)
人気blogランキング


 1位に復帰しましたが、接戦です。(2位・4位・8位・10位・12位・20位も私のブログで、5位以上完全制覇は、崩れました。)1位キープを目指したいと思います。クリックして応援してください。


 昨日26日は、今まで最高の617アクセスを記録しました。記して、感謝の意を表します。


 次回は、占い以外だと役に立つ漢字の画数、もしくは、画数を使った占いが、こんな不幸を呼ぶ可能性があるという話にしようかと思っています。あくまで、予定ですが。

| | コメント (0) | トラックバック (98)

2005年12月26日 (月)

[73]苗字との関連を考えた名付け

 名付けは、苗字との関連を無視してはならない。

 名前単独だと、良いように思えても、苗字と続けるとおさまりが悪い場合がある。

 ほかの名前だと何の問題もない「勇三」という名前、近藤さんだと、「近藤勇三(こんどうゆうぞう)」となり、駄洒落と受け取られかねない。

 このような例は、他にもあるので、気をつけたいものである。


完全に 2位(最高2位)を固めました。(3位・6位・7位・9位・15位も私のブログです。5位以上完全制覇は、昔日の感があります。3位以下のサイトとは、私のものも含め、完全に差がついた感がありますが、引き続き、クリックして応援してください。(抜いたブログの中に自分のものがあるのは、複雑な気持ちです。)
ホームページランキング


 20位(最高19位)に落ちました。15位以内を目指したいと思いますので、引き続き、クリックして、応援をお願いします。
(18位・22位・24位も私のブログです。)
人気blogランキング


 1位に復帰しましたが、接戦です。(2位・5位・8位・10位・13位も私のブログで、5位以上完全制覇は、崩れました。)1位キープを目指したいと思います。クリックして応援してください。

| | コメント (0) | トラックバック (36)

2005年12月23日 (金)

[72]姓名判断の占い師にだまされないように

 画数でやる姓名判断が、いいかげんなものであることは、言を待ちませんが、立派な出版社から出ている名付け本にも画数云々がタイトルについていますので、惑わされる方がいるようです。

 もちろん、画数が多いと、本人が覚えにくいかもしれませんし、少ないと字のバランスがとりにくいということは、あるかもしれません。

 ここで、言っているのは、場合によっては、姓名判断学と、学問を装うこともある、何の根拠もない単なる画数占いをやる人々の言動に惑わされないように言っているだけなのです。

 科学や学問であるなら、どんな場合に対しても、対応できなければなりませんが、漢字・仮名で表されない西洋人の名前やみたこともないような言語で表された人の名前にも対応できるのでしょうか。

 たとえば、一音節とか日本でいえば苗字を続けて1画で、下の名前を1画で、常に合わせて2画といった言語があれば、対応できないと思います。

 また、典拠がはっきりせず、存在が疑わしいともされていますが、84画もある苗字に使われる国字があるとされています。実際にこの苗字が存在した場合、総画で100画を超えることが想像されますが、対応できるのでしょうか。はなはだ疑わしいと言わざるをえません。


完全に 2位(最高2位)を固めました。(4位・5位・7位・11位・20位も私のブログです。5位以上完全制覇は、昔日の感があります。3位以下のサイトとは、私のものも含め、完全に差がついた感がありますが、引き続き、クリックして応援してください。(抜いたブログの中に自分のものがあるのは、複雑な気持ちです。)
ホームページランキング
 このサイトで、先日始めて週の投票数が100を越えました(本日6時30分現在116票17時20分現在128票あり、今日も最高を更新)。
 私のブログで今まで最高は、今4位の「語源・字源・漢和辞典のブログ」が、1位になったときの96票ですから、ちょっと驚きです。


 19位(最高19位)といままで最高順位になれました。15位以内を目指したいと思いますので、引き続き、クリックして、応援をお願いします。
(18位・21位・25位も私のブログです。)
人気blogランキング


 1位に復帰しましたが、接戦です。(2位・5位・8位・13位・15位も私のブログで、5位以上完全制覇は、崩れました。)1位キープを目指したいと思います。クリックして応援してください。


 14日に、それまで最高の 300アクセスを記録してから、15日に302アクセス、16日に352アクセス、17日に446アクセスと4日連続で、最高記録を更新しました。18日は、365アクセスと減りましたが、19日は479アクセス、20には492アクセス、21日は525アクセス、22日は540アクセスとまた最高を更新しています。まだまだつたないこのブログに、こんなに多くのご支持をいただき有難うございます。
 

| | コメント (1) | トラックバック (4)

2005年12月22日 (木)

[71]「緑夢」は、なんと読むかわかりますか

 「緑」は「グリーン」、「夢」を「ム」と読んで、「グリム」と読むのだそうです。

 珍しい名前だということで、取り上げられ、ある分野のスポーツ選手ということでも取り上げられたので、ご存知の方も多かったかもしれません。

 こういった命名もありなんだという例で紹介しました。こんな複雑なというか、こんな翔んでいる名付けは、日本以外では、無理ではないかとも思えるという点からもユニークな事例だといえるでしょう。

 ここまででなくても、音読みすることなどで、欧米人にもなじみやすい名前をつけるということは、国際化社会でのひとつの考え方ではないかと思うのですが、いかがでしょうか。


完全に 2位(最高2位)を固めました。(3位・5位・7位・11位・21位も私のブログです。5位以上完全制覇は、昔日の感があります。3位以下のサイトとは、私のものも含め、完全に差がついた感がありますが、引き続き、クリックして応援してください。(抜いたブログの中に自分のものがあるのは、複雑な気持ちです。)
ホームページランキング
 このサイトで始めて週の投票数が100を越えました(116票23時10分現在124票あり、本日も最高を更新)。
 私のブログで今まで最高は、今3位の「語源・字源・漢和辞典のブログ」が、1位になったときの96票ですから、ちょっと驚きです。


 22位(最高22位)まで復活しました。20位以内を目指したいと思いますので、引き続き、クリックして、応援をお願いします。
(15位・19位・32位も私のブログです。)
人気blogランキング


 1位に復帰しましたが、接戦です。(3位・5位・7位・10位・15位も私のブログで、5位以上完全制覇は、崩れました。)1位キープを目指したいと思います。クリックして応援してください。


 14日に、それまで最高の 300アクセスを記録してから、15日に302アクセス、16日に352アクセス、17日に446アクセスと4日連続で、最高記録を更新しました。18日は、365アクセスと減りましたが、19日は479アクセス、20には492アクセス、21日は525アクセスとまた最高を更新しています。まだまだつたないこのブログに、こんなに多くのご支持をいただき有難うございます。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月21日 (水)

[70]名付けをあまり気負いこんでやらないように

 気負いこんでやったからいい名前が思い浮かぶというものではありません。

 まず、どんな名前をつけたいのかというところから入りましょう。

 もし、自分たち夫婦と関連する名前にしたいのでしたら、候補は、うんと狭まります。

 好きな漢字があって、それを使いたいとか、この読みを使いたいということがあっても同じです。

 そういった、なんらかの範囲を狭められる条件がないか考えることによって、闇雲に考えるよりは、いい名前が思い浮かぶものです。

 また、名前が市町村の戸籍担当課で受理された後であっても、いくつかの場合には、変更できることもあります。

 もっとも多いのが、誤字・俗字を使ってしまったので、正しい字に直したいという場合です。

 名前が原因で、いじめにあったなど、どうしてもいやな名前である場合、裁判所に本人が申し立てることにより、変更できる場合があります。もちろん難しくないとはいえません。

 あまりぎりぎりになってから、名前を考えないで、なるだけ早くから、暇暇を見て考えるというのも、リラックスして、いい名前を考え付くいい方法だと思います。


完全に 2位(最高2位)を固めました。(3位・4位・7位・9位・21位も私のブログです。5位以上完全制覇は、昔日の感があります。3位以下のサイトとは、私のものも含め、完全に差がついた感がありますが、引き続き、クリックして応援してください。(抜いたブログの中に自分のものがあるのは、複雑な気持ちです。)
ホームページランキング
 このサイトで始めて週の投票数が100を越えました(110票23時30分現在116票あり、最高を更新)。
 私のブログで今まで最高は、今3位の「語源・字源・漢和辞典のブログ」が、1位になったときの96票ですから、ちょっと驚きです。


 25位まで復活しました。20位以内を目指したいと思いますので、引き続き、クリックして、応援をお願いします。
(12位・17位・33位も私のブログです。)
人気blogランキング


 1位に復帰しましたが、接戦です。(3位・4位・6位・11位・15位も私のブログで、5位以上完全制覇は、崩れました。)1位キープを目指したいと思います。クリックして応援してください。


 14日に、それまで最高の 300アクセスを記録してから、15日に302アクセス、16日に352アクセス、17日に446アクセスと4日連続で、最高記録を更新しました。18日は、365アクセスと減りましたが、19日は479アクセス、20には492アクセスとまた最高を更新しています。まだまだつたないこのブログに、こんなに多くのご支持をいただき有難うございます。
 

| | コメント (0) | トラックバック (52)

2005年12月20日 (火)

[69]名付けにあたり、一番重視すべきこと

 漢字の意味のよい名前をつけることでも、読みについてよい名前であることでもありません。

 それは、期限内に市町村役場戸籍担当部署が受け付けてくれる名前をつけることです。

 戸籍担当者は、漢字の専門家でも何でもありませんので、「悪魔」のような明確に普通の人が悪い意味にしか使わないものでなければ、常用漢字・人名用漢字および変体仮名を除く仮名の範囲で名前をつけてあれば、受け付けてくれないことはないと思います。

 古くは、わざと悪い名前をつけて、魔物(疫病などを起こすと考えられていた)に対応するという考えが伝統的にありましたが、現代では、その考えは、戸籍担当部局が受け付けてくれません。

 ただ、一文字としてあまりいい意味でない字であっても、熟語になるといい意味になる字もあります。「憐れみ」と使うとあまりいい意味ではありませんが、「可憐」と使うといい意味になるというのは、その例です。

 その点、俗的なものが多いとはいえ、悪い意味を持つ漢字を排除して、名付けの提案をしている名付け字典は、その意味で参考する価値は、あります。

 名付け字典は、漢字の種類を絞っているものが多いようですから、気に入った字がなければ、新人名用漢字に対応している漢和辞典を見る必要があります。

 この場合は、ご自分で、悪い意味の漢字を排除しなければなりません。

 明確に悪い意味の漢字であるとか、その組み合わせであるということでなければ、市町村役場は、決められた範囲内の字であれば、受け付けてくれますので、漢字の意味と呼び名に愛情あふれる名前をつけてあげましょう。


完全に 2位(最高2位)を固めました。(3位・4位・7位・8位・21位も私のブログです。5位以上完全制覇は、昔日の感があります。3位以下のサイトとは、私のものも含め、完全に差がついた感がありますが、引き続き、クリックして応援してください。(抜いたブログの中に自分のものがあるのは、複雑な気持ちです。)
ホームページランキング
 このサイトで始めて週の投票数が100を越えました(110票)。
 私のブログで今まで最高は、今3位の「語源・字源・漢和辞典のブログ」が、1位になったときの96票ですから、ちょっと驚きです。


 27位まで復活しました。20位以内を目指したいと思いますので、引き続き、クリックして、応援をお願いします。
(13位・17位・38位も私のブログです。)
人気blogランキング


 1位に復帰しましたが、接戦です。(3位・4位・6位・11位・15位も私のブログで、5位以上完全制覇は、崩れました。)1位キープを目指したいと思います。クリックして応援してください。


 14日に、それまで最高の 300アクセスを記録してから、15日に302アクセス、16日に352アクセス、17日に446アクセスと4日連続で、最高記録を更新しました(一昨日は、手抜きがばればれな書き込みにもかかわらず365アクセスありました。感謝します。19日は、479アクセスとまた最高を更新。)。書き込みが多くなく、まだまだ不十分なこのブログに、こんなに多くのご支持をいただき有難うございます。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月19日 (月)

[68]人名用漢字に名乗りにふさわしくない漢字が含まれているのはなぜか

 名乗りに使える漢字は、常用平易な字とされており、常用漢字と人名用漢字がそれに当たるとされています。

 常用漢字は、名乗りに使うという基準で選定されたものではありませんから、名乗りにふさわしくない漢字が含まれていても至極当たり前のことです。

 一方、人名用漢字は、名乗りに使うことができる漢字をふやしてほしいという要望に対応して増やしてきたはずです。

 しかし、現実の人名用漢字を見てみると、名乗りにふさわしくない漢字が含まれていると感じられる方が多いと思います。

 それは、選定基準が、常用平易ということに置かれ、常用平易か否かということを、使用頻度に求めた結果にほかなりません。

 今回新たに選定された人名用漢字もそうでしたから、案として示された字の中には、名乗りに使うにはふさわしくないと、多くの人が感じるような文字が入っており、案の段階の文字から100字近くが削除され、残りの488字が追加されることになったのです。

 それであっても、組み合わせによっては、名乗りに使えるのじゃないかという漢字は残されたので、あまりふさわしくないと感じられる字も入っているというわけです。


完全に 2位(最高2位)を固めました。(3位・4位・7位・8位・20位も私のブログです。5位以上完全制覇は、昔日の感があります。3位以下のサイトとは、私のものも含め、完全に差がついた感がありますが、引き続き、クリックして応援してください。(抜いたブログの中に自分のものがあるのは、複雑な気持ちです。)
ホームページランキング

 28位まで復活しました。20位以内を目指したいと思いますので、引き続き、クリックして、応援をお願いします。
(14位・18位・51位も私のブログです。)
人気blogランキング


 1位に復帰しましたが、接戦です。(3位・4位・7位・10位・14位も私のブログで、5位以上完全制覇は、崩れました。)1位キープを目指したいと思います。クリックして応援してください。


 14日に、それまで最高の 300アクセスを記録してから、15日に302アクセス、16日に352アクセス、17日に446アクセスと4日連続で、最高記録を更新しました(昨日は、手抜きがばればれな書き込みにもかかわらず365アクセスありました。感謝します。)。書き込みが多くなく、まだまだ不十分なこのブログに、こんなに多くのご支持をいただき有難うございます。
 

| | コメント (1) | トラックバック (4)

2005年12月18日 (日)

[67]名付けに役立つサイト

 このサイトの方向性とは異なった名付けに役立つサイトを紹介する。

 「明治安田生命名前ランキング2004」
http://www.meijiyasuda.co.jp/profile/etc/ranking/
名前の表記のランキング100・名前の読みのランキング50・生まれ年別名前表記のランキング10が男女別に載っている。

 「「女の子の名前辞書」計画」
http://www.dd.iij4u.or.jp/~ume20/f_name/
日本に存在する女の子の名前の網羅を目指しているサイトで111,000種以上を読みの50音順に並べ、表記もつけている。

 当サイトのライバルではあるし、あまり多くを積極的に紹介するというのは、ちょっと厳しいものがあるので、今回は、これでご容赦願いたい。


完全に 2位(最高2位)を固めました。(4位・5位・7位・8位・19位も私のブログです。5位以上完全制覇は、昔日の感があります。3位以下のサイトとは、私のものも含め、完全に差がついた感がありますが、引き続き、クリックして応援してください。(抜いたブログの中に自分のものがあるのは、複雑な気持ちです。)
ホームページランキング

 35位に落ちました。20位以内を目指したいと思いますので、引き続き、クリックして、応援をお願いします。
(14位・21位・69位も私のブログです。)
人気blogランキング


 1位に復帰しましたが、接戦です。(3位・4位・7位・9位・14位も私のブログで、5位以上完全制覇は、崩れました。)1位キープを目指したいと思います。クリックして応援してください。


 14日に、それまで最高の 300アクセスを記録してから、15日に302アクセス、16日に352アクセス、17日に446アクセスと4日連続で、最高記録を更新しました。書き込みが多くなく、まだまだ不十分なこのブログに、こんなに多くのご支持をいただき有難うございます。
 

 

| | コメント (0) | トラックバック (12)

2005年12月17日 (土)

[66]「名前 漢字」・「名前漢字」の検索で上位独占

 「名前 漢字」の検索でGoogleでは2,970,000サイト中1位Yahooでは22,800,000サイト中1位MSNでは791,039サイト中1位などと有名検索エンジンすべてで1位になっています。

 「名前漢字」の検索でも、Google2,910,000サイト中1位Yahoo451,000サイト中1位MSN791,039サイト中1位などと有名検索エンジンすべてで1位になることができました。

 事実上、名前漢字と名つけに関するサイトの最高峰に立ってしまったのだと思い、やや緊張感を感じるとともに、占いサイトにこの地位を取られなくてよかったとも思っています。

 ブログの方向性にご意見があれば、遠慮なく、書き込んでください。

完全に 2位(最高2位)を固めました。(5位・6位・7位・11位・19位も私のブログです。5位以上完全制覇は、昔日の感があります。3位以下のサイトとは、私のものも含め、完全に差がついた感がありますが、引き続き、クリックして応援してください。(抜いたブログの中に自分のものがあるのは、複雑な気持ちです。)
ホームページランキング

 31位に落ちました。20位以内を目指したいと思いますので、引き続き、クリックして、応援をお願いします。
人気blogランキング
(14位・19位・54位も私のブログです。)


 2位に落ちました。(3位・6位・7位・8位・14位も私のブログで、5位以上完全制覇は、崩れました。)再度1位を目指したいと思います。クリックして応援してください。


 14日に、それまで最高の 300アクセスを記録してから、15日に302アクセス、16日に352アクセスと3日連続で、最高記録を更新しました。書き込みが多くなく、まだまだ不十分なこのブログに、こんなに多くのご支持をいただき有難うございます。
  

| | コメント (0) | トラックバック (1)

[65]すぐ読める名前とひねりがある名前のどちらがよいか

 漢字と何の脈絡もなく極端に読みにくいもの、正反対の意味であるものなどは、おすすめできません。11月20日に書いたものも参考にしてください。

 簡単に読める名前というのは、基本的に悪くありません。しかし、少しひねりがあったほうが相手に興味を持ってもらうきっかけになります。

 人名や地名以外では普通使わないような読みがあります。

 名付けでは、漢和辞典などにある名乗りという欄にこの特殊な読みが出ています。これは、常用漢字表の読みなど以外に歴史的には、こう読まれてきたというもの、理由はわからないが名乗りではこう読ませることがあるといったものが集められています。

 これらを利用して、ちょっとひねった名前をつけると、なんと読むんだろうと思ってもらえたり、普通の読みではなく、こう読むんだと覚えてもらえやすくなります。

 ただ、そういった例もないようなあまりに特殊な読みをわざわざするというのは、おすすめできません。

 漢和辞典の名乗り欄にあるものか、以前紹介した『増補改訂JIS漢字字典』にある現代の実例、歴史上の人物の名前に現実に使われているものなどの範囲にしたほうがいいでしょう。

 読み方について、お子さんから聞かれたとき、お子さんがお友達から聞かれたときに、理由のある読み方だったんだということになるほうが、やはり好ましいと思われるからです。

完全に 2位(最高2位)を固めました。(5位・6位・7位・11位・19位も私のブログです。5位以上完全制覇は、昔日の感があります。3位以下のサイトとは、私のものも含め、完全に差がついた感がありますが、引き続き、クリックして応援してください。(抜いたブログの中に自分のものがあるのは、複雑な気持ちです。)
ホームページランキング

 31位に落ちました。20位以内を目指したいと思いますので、引き続き、クリックして、応援をお願いします。
人気blogランキング
(14位・19位・54位も私のブログです。)


 2位に落ちました。(3位・6位・7位・8位・14位も私のブログで、5位以上完全制覇は、崩れました。)再度1位を目指したいと思います。クリックして応援してください。


 14日は、それまで最高の 300アクセスを記録してから、15日に302アクセス、16日に352アクセスと3日連続で、最高記録を更新しました。書き込みが多くなく、まだまだ不十分なこのブログに、こんなに多くのご支持をいただき有難うございます。
  

| | コメント (1) | トラックバック (38)

2005年12月14日 (水)

[64]赤ちゃんの名前は、いつ考えるか

 赤ちゃんを授かることがわかったときというのは、まだ名前をつけなくてはならないという実感がわかないでしょう。

 性別がわかるように大きくなって、先生に性別を教えていただいたら、そろそろ準備に入りましょう。

 赤ちゃんを家に迎えるための準備も始めなければなりません。性別がわかれば、それにふさわしい衣服や赤ちゃんが使ういろいろなものを用意することになりますから、忙しくなりますが、生まれてからなんて考えていると、出生届をしなければならない日は、あっという間に来てしまいます。

 生まれるまでに二つか三つの候補に絞っておきましょう。病院の方針として、性別を教えてくれないこともありますし、双子以上で生まれることもあります。その場合は、もっと多くの名前を考えておく必要があります。

 もちろん、生まれるまでに、ひとつに決めてしまっていても結構ですが、生まれた赤ちゃんを見て、受ける雰囲気によって、最終的な判断をしてもいいでしょう。

 赤ちゃんは、かわいいですが、生まれ立ちの赤ちゃんは、赤ら顔で、ちょっとワイルドな顔つきをしていることが多いと思います。

 しかし、最初から、ワイルドな顔つきをしていない赤ちゃんもいます。そのような場合、この子はとんでもない美人になるのでは、と期待をこめた名前にしてもいいでしょう。

 また、ほかの赤ちゃんよりも身長が高く、全体的にも大きく元気そうだと思ったら、そういった方面からなつけするのもありでしょう。

 そういう意味もあって、二つ三つに絞っておいて、軌道修正をしながら、最終的に、出生届けに書く名前を決めるといいでしょう。赤ちゃんが生まれてからのほうが、この子の名前だという実感もわくという意味もあります。

 名付けは、ほかの人の意見を聞くというのもいいですが、最終的には、ご両親が責任を持って、いい名前を考えてあげましょう。

久しぶりの 2位(最高2位)復帰です。(6位・7位・9位・16位・23位も私のブログです。5位以上完全制覇は、昔日の感があります。3位の方と接戦です。引き続き、クリックして応援してください。(抜いたブログの中に自分のものがあるのは、複雑な気持ちです。)
ホームページランキング

 30位まで復帰してきました。20位以内を目指したいと思いますので、引き続き、クリックして、応援をお願いします。
人気blogランキング
(18位・20位・45位も私のブログです。)


 1位に復帰しました。(3位・5位・6位・7位・12位も私のブログで、5位以上完全制覇は、崩れました。)クリックして応援してください。


 9日は、今まで最高の 291アクセスありました。まだまだ不十分なこのブログに、こんなに多くのご支持をいただき有難うございます。
  

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2005年12月11日 (日)

[63]一押しの名付け辞典

 名付けに使える漢字を画数順に並べ、漢字の読みなどのほかに名前の例をあげているが、画数占いのためではない。

 読みからも漢字からもよい名前の候補を提示している。

 いつも私が言っていることを具現してくれたような、すばらしい名付け字典で、加納先生が監修というだけのことはあると思う。

 ただ、時間と懐に余裕があれば、漢和辞典でも確認するともっと良いことは、言うまでもないが、名付け辞典のみを使うと言うのであれば、この辞典を一押しとしたい。

 加納先生は、学研の漢和辞典の編者である。その他、漢和辞典の特徴は、リンクしている私の別ブログ「語源・字源・漢和辞典のブログ」を参照して、書店で選んでいただきたい。

 もちろん、このブログでも、相談に乗っている。

赤ちゃんの名づけ字典―画数・音・意味で選ぶ
赤ちゃんの名づけ字典―画数・音・意味で選ぶ

 3位(最高2位)です。(4位・8位・9位・10位・25位も私のブログです。5位以上完全制覇は、昔日の感があります。2位の方の背中が見え始めました。引き続き、クリックして応援してください。(抜いたブログの中に自分のものがあるのは、複雑な気持ちです。)
ホームページランキング

 33位まで復帰してきました。20位以内を目指したいと思いますので、引き続き、クリックして、応援をお願いします。
人気blogランキング
(18位・20位・55位も私のブログです。)


 1位に復帰しました。(3位・5位・10位・22位・31位も私のブログで、5位以上完全制覇は、崩れました。)クリックして応援してください。


 一昨日は、今まで最高の 291アクセスありました。まだまだ不十分なこのブログに、こんなに多くのご支持をいただき有難うございます。
  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月10日 (土)

[62]名付け辞典は、何の役にも立たないか

 結論から言うと、そんなことはない、大いに役に立つといえる。

 特に、家に新しい漢和辞典などないし、漢和辞典は苦手だという方にとっては、十分役に立つといえる。

 いろいろな名乗りの候補が出ているし、現在使えない漢字を使ったものは入っていないので、せっかく考えた名前が、使えない文字を使っているという理由で、受け付けてもらえないこともない。

 ただし、できれば新しく編集されたものの方がよい。

 昨年、人名用漢字が488字追加され、923字になっているので、それに対応している方がよいということだ。

 それと編者は、占い師とか素性の分からない姓名判断の分野の人ではなく、漢字の専門家のほうが良いと言うのは言うまでもない。

 気に入った本の候補をいくつかに絞ったら、編者や監修者の名前を控えて、漢和辞典売り場で、漢和辞典の編者のなかにその人がいるかどうか調べてみるとよい。

 最近出た本の中には、一冊本漢和辞典の最高峰といえる『学研新漢和大字典』の編者、加納喜光先生が監修しているものもある。

 それでも、最終的には、漢和辞典で、いい意味の漢字かどうか調べたほうが良いのは、間違いないことである


 3位(最高2位)です。(4位・7位・8位・15位・23位も私のブログです。5位以上完全制覇は、昔日の感があります。2位の方の背中が見え始めました。引き続き、クリックして応援してください。(抜いたブログの中に自分のものがあるのは、複雑な気持ちです。)
ホームページランキング

 38位に落ちてしまいました。20位以内を目指したいと思いますので、引き続き、クリックして、応援をお願いします。
人気blogランキング
(18位・24位・57位も私のブログです。)


 2位に落ちましたが、再度1位を目指しています。(3位・4位・8位・12位・14位も私のブログで、5位以上完全制覇は、崩れました。)クリックして応援してください。


 昨日は、今まで最高の 291アクセスありました。まだまだ不十分なこのブログに、こんなに多くのご支持をいただき有難うございます。
  

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年12月 9日 (金)

[61]旧字体を使った姓名判断が不可能になるとき

 姓名判断が、単なる占いであって、何の根拠も持たないことは、いろいろなところで何度も述べてきた。

 今回は、特に当用漢字・常用漢字の新字体が使われている場合、旧字体を使うという流派について、その際立った非科学性について触れる。

 この流派の考え方は、新旧字体が、1対1に対応していないと成り立たないのであるが、理解できているのであろうか。

 缶・芸・台・弁・予などは、新字体そのものと同じ字体を含め、複数個の旧字体があり、意味が分かるような名付けになっていればともかく、そうでなければ、旧字体として、どれを選ぶかという問題で、姓名判断の作業が頓挫してしまうからである。


 3位(最高2位)です。(4位・7位・9位・17位・23位も私のブログです。5位以上完全制覇は、昔日の感があります。クリックして応援してください。(抜いたブログの中に自分のものがあるのは、複雑な気持ちです。)
ホームページランキング

 32位になりました。20位以内を目指したいと思いますので、引き続き、クリックして、応援をお願いします。
人気blogランキング
(20位・22位・41位も私のブログです。)


 2位に落ちましたが、再度1位を目指しています。(3位・4位・7位・8位・13位も私のブログで、5位以上完全制覇は、崩れました。)クリックして応援してください。


 まだまだ本格的に立ち上がっているといいがたいこのブログに、こんなに多くのご支持をいただき有難うございます。
 

| | コメント (0) | トラックバック (44)

2005年12月 8日 (木)

[60]一郎・次郎と言う名前は、安直か

 男の子の名前で、一郎・次郎・三郎という名前は、昔ほど多くはありませんが、少ないわけでもないと思います。

 現に有名人の名前に、いずれもありますしね。

 ところで、この名前の方は、人によっては、長男だから一郎、次男だから次郎というように簡単に名付けされたんじゃないかと思っている方もいるでしょうね。

 しかし、長男でない一郎は多く、次男でない次郎さんも少なくないでしょう。

 特に一郎には、最初の男の子という意味ではなく、何らかの分野で一番になって、名を成す男になってほしいという、両親の愛情のこもった名前ではないかと思うのです。

 自分の名前が安直な、もしくは流行だけで名付けられたんじゃないのかと思っているあなた、ご両親にどういう経緯で命名したのか聞いてみられてはどうでしょうか。きっと、愛情こめて、名付けられているはずです。

 そして次に、あなたが名付けされる場合に、将来お子さんに名付けの由来を聞かれたときに堂々と答えられる名前をつけてあげてください。それとともに、お子さんにあなたが大きくなって、自分の子供の名前をつけるときの心構えを教えて差し上げてください。


 3位(最高2位)です。(4位・6位・8位・16位・25位も私のブログです。5位以上完全制覇は、昔日の感があります。クリックして応援してください。(抜いたブログの中に自分のものがあるのは、複雑な気持ちです。)
ホームページランキング

 36位に落ちてしまいました。20位以内を目指したいと思いますので、引き続き、クリックして、応援をお願いします。
人気blogランキング
(19位・22位・43位も私のブログです。)


 2位に落ちましたが、再度1位を目指しています。(3位・5位・7位・8位・12位も私のブログで、5位以上完全制覇は、崩れました。)クリックして応援してください。


 まだまだ本格的に立ち上がっているといいがたいこのブログに、こんなに多くのご支持をいただき有難うございます。
 

| | コメント (0) | トラックバック (29)

2005年12月 3日 (土)

[59]名付けにあたり大事なこと

 読んでもらえやすい名前。

 これも大事かもしれませんが、一番大事というわけではありません。すぐに読んでもらえにくい名前であっても、逆にそのことで興味を引いてもらえることもあるからです。

 一番大事なことは、愛情を持って名前を付けることです。

 具体的にいうと、呼び名に日本語の意味を、漢字にその意味を、どちらもその子に対して、どんな子になってもらいたいのか、どんな風になることがその子の幸せなのか、それを考えて、名付けすべきなのです。

 けっして、漢字の画数から運命を判断するなどという非科学的な姓名判断に頼ってはいけません。将来、子供に説明できなくなりますよ。

 名付け本も、この読みには、どんないい意味の漢字があるのか、どんな漢字が名付けに使えるのかを知りたいときにのみ使うべきです。

 もちろん、このブログにコメントいただいてもお答えしますが、数日の余裕はいただければと思います。

 変な名前をつけたことによっていじめの対象になるなどして不幸になることはあっても、この名前なら絶対に幸福になるなんていう名前はないのですから、少なくとも愛情込めた名前を付けてあげましょう。


 3位(最高2位)です。(4位・5位・8位・10位・22位も私のブログです。5位以上完全制覇は、昔日の感があります。クリックして応援してください。(抜いたブログの中に自分のものがあるのは、複雑な気持ちです。)
ホームページランキング

 33位に落ちてしまいました。20位以内を目指したいと思いますので、引き続き、クリックして、応援をお願いします。
人気blogランキング
(16位・21位・39位も私のブログです。)


 初めて1位になることができました。(2位・5位・6位・7位・10位も私のブログで、5位以上完全制覇は、崩れました。)クリックして応援してください。


 まだまだ本格的に立ち上がっているといいがたいこのブログに、こんなに多くのご支持をいただき有難うございます。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »