« [138]「蝦・俺」などを使い、ちょっと代わった名付けをしたいと言う方に | トップページ | [140]名付けの相談をいただき、本当にうれしく思います »

2006年2月21日 (火)

[139]当用漢字・常用漢字の旧字体から人名用漢字になった字を名付けに使うのは、すすめられない

 感謝 ホームページランキング1位 維持
          ↑をクリックして、応援してください。


 人名用漢字には、常用漢字・当用漢字の旧字体などが含まれます今日の主題は、これらの旧字体を名付けに使うのは、避けようということです

 当用漢字は、戦後GHQの強い要請があって、作られたという側面があり、押し付けられたものと考えている方があるかもしれません。

 しかし、現実には、戦前から常用漢字表など幾度かの答申がなされ、国民の識字率の向上のため、漢字を制限しようという試みがあったのです。

 それらが現実には、広まらなかっただけであり、漢字を簡略化したり制限したりして、国民の識字率の向上や国語教育に役立たせようというのは、大きな流れなのです。

 また、戦後60年がたち、ほとんどの人が新字体で教育を受けた世代になりました。

 これらのことから、多くの人にとって、新字体が普通の文字であり、それを使って考えてもいるのです。

 それで、多くの人にとっては、旧字体は、難解な文字であったり、書きなれない文字であったりするわけです。

 新字体の中には、書きやすくするため、旧字体よりも画数を増やしているものもありますが、これらの漢字の旧字体は、新字体と大して差がないため、逆に多くの人には、誤って認識される可能性が高いといえます。

 旧字体で名前をつけた場合、このように難しくて、正確な名前を覚えてもらえないか、新字体とあまり差がないため、旧字体で書くのが正しい名前だと認識されない場合があります

 このため、旧字体から人名用漢字に入った文字は、避けたほうが良いと言っているのです


 今後とも、Yahoo・Google認定「名前漢字」サイト最高峰「名前漢字と名付けお助けブログ」を応援いただきたい。


 なお、気に入っていただいた場合は、一番上か二番目のランキングをクリックしていただければ、幸いである。


1位(最高1位)に復帰できました3位4位・6位・7位・22位も私のブログです。5位以上完全制覇は、昔日の感がありますが、7位までに私のブログが5つあるという状況は、通常ではないでしょう。3位以下のサイトとは、私のものも含め、完全に差がついた感がありますが、引き続き、クリックして応援してください。1位争いができるようになりました。今後ともよろしくお願いします。
ホームページランキング
1位復帰できましたが1位キープを目指したいと思いますので、より一層の応援をお願いします。


 9位(最高4位)です。3位以内をめざしたいと思いますので、引き続き、クリックして、応援をお願いします。
(19位22位・32位・43位も私のブログです。)
人気blogランキング


クリックして応援してください。


 1月16日に記録した1,065アクセス以来、1日1,000アクセスを超える日はありませんが、2月に入って、1日は850アクセス、2日は870アクセス、3日は823アクセス、4日は827アクセス、5日は922アクセス、6日は971アクセス、7日は890アクセス、8日は902アクセス、9日は817アクセス、10日は841アクセス、11日は748アクセス、12日は881アクセス、13日は927アクセス、14日は969アクセス、15日は883アクセス、16日は969アクセス、17日は802アクセス、18日は768アクセス、19日は830アクセスで、19日間で16,490アクセスと1日平均860アクセスを超えています


            ↓をクリックして応援してください。
 引き続き、 ホームページランキング1位 の座を守れるよう応援をお願いします。

|

« [138]「蝦・俺」などを使い、ちょっと代わった名付けをしたいと言う方に | トップページ | [140]名付けの相談をいただき、本当にうれしく思います »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/37844/946212

この記事へのトラックバック一覧です: [139]当用漢字・常用漢字の旧字体から人名用漢字になった字を名付けに使うのは、すすめられない:

« [138]「蝦・俺」などを使い、ちょっと代わった名付けをしたいと言う方に | トップページ | [140]名付けの相談をいただき、本当にうれしく思います »