2005年9月16日 (金)

[14]読めない漢字

 普通、読めない漢字にあたったら、漢和辞典を引くのが普通ですね。

 どちらかだと思うけど判断できないというのなら、安直に国語辞典にあたるのもありでしょう。

 人名の場合だと、どうでしょう。苗字だと、色々読み方辞典が出ていますので、それらを調べて絞り込むことが可能です。

 ところが、名乗りについては、当用漢字制定以後に生まれた方は、使用できる文字は、限定されているものの、読みについては、法令で限定されていません。

 何年か前に、「悪魔」ちゃんの名乗りを役場が受け付けなかったことがありますが、これは子供の将来のことを考えての役場等の判断であって、使用できる漢字の範囲内であれば、読みは自由に付けられるのです。

 先に紹介したとおり、名前の読み方辞典も出ていますが、市町村役場によっては、出生届に読みを付けるようになっておらず、住民票を見てもその方の名前の読みがわからないというケースもままあることで、最終的には、本人に尋ねるしかないというのが、現実です。

 2位です(1位も私のブログです。)。クリックして応援してください。(抜いたブログの中に自分のものがあるのは、複雑な気持ちです。)
ホームページランキング

 9位(最高6位)争いをしています。クリックして応援してください。

 このランキングにも参加しました。クリックして、応援をお願いします。
人気blogランキング


 まだまだ本格的に立ち上がっているといいがたいこのブログに、こんなに多くのご支持をいただき有難うございます。

| | コメント (0) | トラックバック (70)