2006年2月11日 (土)

[129]こんな人名用漢字本当に使うのか

 感謝 ホームページランキング1位 復帰


 新人名用漢字についてのみ、なぜ人名用漢字に入ったのか不思議な漢字を取り上げてきましたが、今回から、区分せずに取り上げることにしました。



 「喧嘩(けんか)」という熟語を作る字で、「やかましい・かまびすしい」の意。
 『名前10万よみかた辞典』になし。

禍の旧字
 「わざわい」の意。
 『名前10万よみかた辞典』になし。


 「ひきがえる・えび」の意。蝦蟇蛙(がまがえる)と使う漢字だと知れば、名付けに使おうとする人は、そう多くないと思われる。
 『名前10万よみかた辞典』に「蝦水(かすい)・蝦夷(えみし)」あるも、仮名かと思われる。


 芥川龍之介のファンなら使いたくなる気も理解できなくないが、日本語では「ごみ・ちり」のこと。漢字本来の意味でも「からし」を作る「からしな」という草の名前であり、名付けで積極的に使う字とは、思えない。
 『名前10万よみかた辞典』に「カイ」と読む例のみ8例あり。


 病気を治す「やいと」のことなのに悪い意味じゃないと言う方もいらっしゃるかもしれないが、そう積極的に使う字とも思えない。
 『名前10万よみかた辞典』になし。


 今後とも、Yahoo・Google認定「名前漢字」サイト最高峰「名前漢字と名付けお助けブログ」を応援いただきたい。


 なお、気に入っていただいた場合は、一番上か二番目のランキングをクリックしていただければ、幸いである。

 5位(最高4位)です。3位以内をめざしたいと思いますので、引き続き、クリックして、応援をお願いします。
(16位20位・29位・52位も私のブログです。)
人気blogランキング


1位(最高1位)に復帰できました3位5位・7位・10位・13位も私のブログです。5位以上完全制覇は、昔日の感があります。3位以下のサイトとは、私のものも含め、完全に差がついた感がありますが、引き続き、クリックして応援してください。1位争いができるようになりました。今後ともよろしくお願いします。
ホームページランキング
1位復帰できましたが1位キープを目指したいと思いますので、より一層の応援をお願いします。


クリックして応援してください。


 1月16日に記録した1,065アクセス以来、1日1,000アクセスを超える日はありませんが、2月に入って、1日は850アクセス、2日は870アクセス、3日は823アクセス、4日は827アクセス、5日は922アクセス、6日は971アクセス、7日は890アクセス、8日は902アクセス、9日は817アクセス、10日は841アクセスで、10日間で8,713アクセスと1日平均870アクセスを超えています


 引き続き、 ホームページランキング1位 の座を守れるよう応援をお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (40)

2006年2月 3日 (金)

[119]人名用漢字の字形に気をつけよう(「辻・榊」は人名用漢字ではない)

 こんなこと書くと、自画自賛だと思われると嫌なのだが、Yahoo・Googleで、「名前漢字」の検索をやってみたが、良いサイトが見つからない。

 人名用漢字が983字であることすら、きちんと書いてないブログが多い。いまだに、285字と書いているものも少なくない

 表題に書いたことなど、求めるべくもない低いレベルのものが多いということだ


2位(最高1位)です5位6位・16位・23位・29位も私のブログです。5位以上完全制覇は、昔日の感があります。3位以下のサイトとは、私のものも含め、完全に差がついた感がありますが、引き続き、クリックして応援してください。1位を争いができるようになりました。今後ともよろしくお願いします。
ホームページランキング
2位になってしまいましたが1位復帰を目指したいと思いますので、より一層の応援をお願いします。

 8位(最高5位)です。5位以内をめざしたいと思いますので、引き続き、クリックして、応援をお願いします。
(19位23位・29位も私のブログです。)
人気blogランキング


クリックして応援してください。

 両検索エンジンでこのブログが1位になるのもうなづける状態である。
 もちろん、1位であることは、嬉しいのだが、切磋琢磨すべき、同系統のブログが欲しいところである。

 そういった中で「1から始める姓名判断と名づけ」というサイトは、そこそこいいと思えたので、紹介しておく。

 名前に「姓名判断」とあるが、現実には、無期限休止状態なのも良いし、掲示板にも役に立ついろいろな意見がある。

 ホームページ全体に名付けに関する実用的な知識がちりばめられている

 やや残念な点は「辻・榊」など人名用漢字でないものを、人名用漢字の一覧に入れているということぐらいであり、人名用漢字が285字であるとしてあるような凡庸なサイトとは、レベルが違いはする。

 この「辻」や「榊」が人名用漢字ではないということが、今日の主題である

 「辻」や「榊」は、2004年9月17日に増やされた人名用漢字にあるじゃないかという方は、国字ブログの作者にはなれるかもしれないが、名前漢字のブログの作者にはなれない

 「辻・榊」は、国字の字形としては、これで正しい。

 しかし、人名用漢字は、この字形ではないのである

 「辻」は「二点のしんにょう」、「榊」の旁は「神の旧字体」でなければ、市町村役場で受け付けてもらえないのである。

 このことは、法務省の担当官に確認済みである。

 「辻・榊」を名付けに使いたければ、常用平易な漢字であると裁判所に申し立てて、裁判に勝つ必要があるのである


 今後とも、Yahoo認定「名前漢字」サイト最高峰「名前漢字と名付けお助けブログ」を応援いただきたい。

 なお、気に入っていただいた場合は、一番上か二番目のランキングをクリックしていただければ、幸いである。


2位(最高1位)です5位6位・16位・23位・29位も私のブログです。5位以上完全制覇は、昔日の感があります。3位以下のサイトとは、私のものも含め、完全に差がついた感がありますが、引き続き、クリックして応援してください。1位を争いができるようになりました。今後ともよろしくお願いします。
ホームページランキング
2位になってしまいましたが1位復帰を目指したいと思いますので、より一層の応援をお願いします。

 8位(最高5位)です。5位以内をめざしたいと思いますので、引き続き、クリックして、応援をお願いします。
(19位23位・29位も私のブログです。)
人気blogランキング


クリックして応援してください。


 16日は、目標としていた1,000アクセスを越え、1,065アクセスと最高を記録しました。17日は、871アクセス、18日は845アクセス、19日は817アクセス、20日は883アクセスでしたが、21日は、6日に始めて800アクセスを超えてから、初めて800アクセスを割って643アクセスになりましたが、22日は835アクセス、23日は931アクセス、24日は850アクセス、25日は773アクセス、26日は831アクセス、27日は807アクセスで、今月の1日平均アクセス数は、830を超えていました。しかし、一昨昨日の書き込みを手抜きと見られたのか、一昨日は、一挙に660アクセスに減りましたが、29日は789アクセス、30日は813アクセスと若干持ち直しました。この批判を真摯に受け止め、改善したいと思いますので、さらに応援していただきたく、お願いします


 昨年は、多くの応援有難うございます。おかげさまで、ランキング1位と2位を獲得することができました。
 本年もよろしくお願いします。
 


 このブログは、9月1日に公開し、9月3,000アクセス、10月3,824アクセス、11月4,650アクセス、12月10,738アクセス、1月25,627アクセス、合計47,839アクセスとなっています。ご訪問を感謝します

| | コメント (0) | トラックバック (42)

2006年1月26日 (木)

[112]ブログの記事には、プロの厳しい目も光っている

  [106]の記事を「漢字・字源・漢和辞典のブログ」に転載したところ、某国立大学の安岡先生から、好意的ではあるが、かなり厳しい内容のコメントがあった。

 このことに対して、コメントの全文を引用して、今日のブログとしたが、元記事は、こちらであるので、転載することとした。

 ブログを書かれる皆さんは、次のようにプロの厳しい目も光っていることを承知しながら書く必要もあるという、一つの教訓としてみていただければと思います。


 以下、転載です。


「すべての常用漢字の旧字体が、人名に使うことが出来るわけでないことを考えれば、人名に使うために、積極的に選ばれたといってよい」っていうのは、いくらなんでも事実誤認であるように私には思えます。「惡」はそもそも『当用漢字表』に載っていた漢字であり、したがって『戸籍法施行規則』の施行時点から子の名に使えた漢字です。積極的に選ばれたわけではなく、最初から使えた漢字が今も使える、っていうだけのことです。どういう「旧字体」が使えてどういう「旧字体」が使えなくなったかの選定基準は、大森政輔さんの「子の名に用いる文字の取扱いに関する民事行政審議会の答申及びその実施について」(戸籍, 第441号 (1981年9月), pp.1-45)をごらん下さい。

 上のコメントをいただき、法務局で、上の雑誌を見てみました。

 常用漢字制定までに当用漢字の字体が430字変更されているというようなことが書いてあったように思います。

 ざっと読んだだけなので、「惡」がそれに該当するかどうか、それらの文字を当分の間、人名に使えるとしたのかということは、わかりませんでした。

 そういうことだとしても、「悪・惡」双方が人名に使える状態にしておいて、現実に「悪」を使った「悪魔」が命名された時点で、受付を拒否した役場の処理を是とするのは、やはり泥縄的な対応だとのそしりは、受けてしかるべきだと思う

 いずれにしても、上のようなコメントは、本当にありがたいものである。元のブログにも転載することとする。


 今後とも、「名前漢字と名付けお助けブログ」を応援いただきたい。

 なお、気に入っていただいた場合は、一番上か二番目のランキングをクリックしていただければ、幸いである。


2位(最高1位)です3位4位・13位・15位・21位も私のブログです。5位以上完全制覇は、昔日の感がありますが、第一歩を踏み出したことになります。3位以下のサイトとは、私のものも含め、完全に差がついた感がありますが、引き続き、クリックして応援してください。1位を争いは、過去になりましたが、今後ともよろしくお願いします。
ホームページランキング
2位になってしまいましたが1位復帰を目指したいと思いますので、より一層の応援をお願いします。


 9位(最高5位)です。5位以内をめざしたいと思いますので、引き続き、クリックして、応援をお願いします。
(21位23位・28位も私のブログです。)
人気blogランキング


 2位になりました。3位6位・10位・11位・14位・23位も私のブログです。5位以上完全制覇が、再び達成できましたが、瞬間的でした。)1位キープを目指したいと思います。クリックして応援してください。


 5日は789アクセス、6日は864アクセス、7日は873アクセス、8日は984アクセスと増えていましたが、9日が972アクセス、10日が948アクセスとやや足踏み状態でした。それでも今年に入ってから平均750アクセス以上で、このブログの実力を超える訪問者数なので、これ以上多くの訪問者は、無理なのではないかと考えていたところ、11日は、987アクセスと今まで最高を記録しました。12日は、残念ながら879アクセスと減りましたが、13日は、973アクセスと最高に近いアクセス数に戻り、14日は、これまで最高の992アクセスありました。15日は、895アクセスと落ちましたが、16日は、目標としていた1,000アクセスを越え、1,065アクセスと最高を記録しました。17日は、871アクセス、18日は845アクセス、19日は817アクセス、20日は883アクセスでしたが、21日は、6日に始めて800アクセスを超えてから、初めて800アクセスを割って643アクセスになりましたが、22日は835アクセス、23日は931アクセス、24日は850アクセス、25日は773アクセスで、今月の1日平均アクセス数は、830を超えています。さらに応援していただきたく、お願いします


 昨年は、多くの応援有難うございます。おかげさまで、ランキング1位と2位を獲得することができました。
 本年もよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (33)

2006年1月19日 (木)

[106]法務省は,悪魔ちゃんがいけないなどと言える立場にない

 常用漢字であっても、「悪」や「魔」の字を名付けに使えないようにしろといっているのではない。

 「悪」の旧字体を人名用漢字に入れるようなことをしておいて、悪魔という命名がいけないなどと言える立場にはないと言っているだけの事である。

 なぜなら、「悪」や「魔」は、常用平易な文字として、その範囲を当初示した当用漢字を改定した常用漢字にあるのであって、積極的に人名用の漢字として、選んでいるわけではない。

 これに対し、人名用漢字は、人名に使える漢字を追加してほしいという要望に対し、人名に使うという目的で、選んでいるのである。

 厳密に言えば、この字は、常用漢字の旧字体のうち、当分の間、人名に使うことが出来る漢字として、選ばれたものである。

 しかし、すべての常用漢字の旧字体が、人名に使うことが出来るわけでないことを考えれば、人名に使うために、積極的に選ばれたといってよいと思われる。

 「悪魔」がいけないということであるのに、「悪」ばかりでなく、「悪」の旧字体まで、人名に使える漢字とし、2004年9月17日の改定では、他の字と共にではあるが、人名用漢字に昇格させているのである。

 全く、人名用漢字制定の担当者は、どういった神経をしているのか、疑いたくなるレベルと言えよう。

2位(最高1位)です3位9位・12位・13位・26位も私のブログです。5位以上完全制覇は、昔日の感がありますが、第一歩を踏み出したことになります。3位以下のサイトとは、私のものも含め、完全に差がついた感がありますが、引き続き、クリックして応援してください。1位を争いは、過去になりましたが、今後ともよろしくお願いします。
ホームページランキング
ついに頂点に立つことができましたが、2位であることのほうが多くなっています1位復帰を目指したいと思いますので、より一層の応援をお願いします。


 12位(最高5位)です。5位以内をめざしたいと思いますので、引き続き、クリックして、応援をお願いします。
(24位25位・34位も私のブログです。)
人気blogランキング


 2位になりましたが、3位も私のブログです。3位5位・7位・8位・10位・15位も私のブログです。5位以上完全制覇が、再び達成できましたが、瞬間的でした。)1位キープを目指したいと思います。クリックして応援してください。


 5日は789アクセス、6日は864アクセス、7日は873アクセス、8日は984アクセスと増えていましたが、9日が972アクセス、10日が948アクセスとやや足踏み状態でした。それでも今年に入ってから平均750アクセス以上で、このブログの実力を超える訪問者数なので、これ以上多くの訪問者は、無理なのではないかと考えていたところ、11日は、987アクセスと今まで最高を記録しました。12日は、残念ながら879アクセスと減りましたが、13日は、973アクセスと最高に近いアクセス数に戻り、14日は、これまで最高の992アクセスありました。15日は、895アクセスと落ちましたが、16日は、目標としていた1,000アクセスを越え、1,065アクセスと最高を記録しました。17日は、871アクセスでしたが、6日に始めて800アクセスを超えてから、800アクセスを割っていません。昨年に続く応援に、記して、感謝の意を表します


 昨年は、多くの応援有難うございます。おかげさまで、ランキング1位と2位を獲得することができました。
 本年もよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (55)

2006年1月17日 (火)

[103]人名用漢字の字形は、無定見だから気をつけて

 常用漢字以外の草冠と之繞(しんにょう)の画数、ご存知ですか。

 漢和辞典等を良くひかれる方は、草冠4画、之繞も4画といわれるのじゃないかと思います。

 正解は、さておいて、人名用漢字はというと、同じ解答が返ってくるんじゃないでしょうか。

 実際は、草冠は3画、之繞は4画が主で、3画もあるという状態です。

 草冠は、手書きの場合、古来3画と4画が混在しています。日中の古辞書においても同様です。

 印刷では、中国では4画のほうが主流のようでしたが、簡体字で3画になりました。

 日本では、戦前から3画が主流で、4画は漢和辞典ぐらいのものでした。

 そのため、2000年に制定された表外漢字字体表の印刷標準漢字も3画の草冠となり、漢和辞典で4画にするのは、否定しないとされました。

 漢和辞典で4画にするのは否定されませんでしたが、2004年に出版された『新漢語林』は、「芸」を「ウン」と読ませる字を唯一の例外として、3画の草冠が採用されました(経緯は担当から聞きましたが、このブログの範疇を越えますので、書かないことにします。)。

 このように、草冠は3画が主流になりつつあるようですから、人名用漢字が3画とするのは、無定見ではありません。

 之繞は、3画が本来の正しい形であることは、何回も言ってきたので省略しますが、3画の之繞も一部あるもののほとんど4画になっています。

 漢字によっては、2種類の字体を認めているのにもかかわらず、「辻」のように3画の之繞が主流であると考えられる字に対しても4画のみを認めるという立場をとっています。

 草冠と之繞以外で言えば、「榊」も旁の「神」が旧字体のものしか認められていません。こういったケースは、先日、新人名用漢字一覧を示したときに、青で注記した文字は、同じ理由で、人名用漢字の字体でないと受け付けてもらえません

 ちょっと無定見すぎると感じると言うのは、言いすぎでしょうか。

2位(最高1位)です3位5位・8位・12位・23位も私のブログです。5位以上完全制覇は、昔日の感がありますが、第一歩を踏み出したことになります。3位以下のサイトとは、私のものも含め、完全に差がついた感がありますが、引き続き、クリックして応援してください。1位を争いは、非常に熾烈ですので、今後ともよろしくお願いします。
ホームページランキング
ついに頂点に立つことができましたが、2位であることのほうが多くなっています1位復帰を目指したいと思いますので、より一層の応援をお願いします。


 10位(最高5位)です。5位以内をめざしたいと思いますので、引き続き、クリックして、応援をお願いします。
(23位24位・29位も私のブログです。)
人気blogランキング


 2位になりましたが、3位も私のブログです。3位5位・7位・8位・10位・18位も私のブログです。5位以上完全制覇が、再び達成できましたが、瞬間的でした。)1位キープを目指したいと思います。クリックして応援してください。


 5日は789アクセス、6日は864アクセス、7日は873アクセス、8日は984アクセスと増えていましたが、9日が972アクセス、10日が948アクセスとやや足踏み状態でした。それでも今年に入ってから平均750アクセス以上で、このブログの実力を超える訪問者数なので、これ以上多くの訪問者は、無理なのではないかと考えていたところ、11日は、987アクセスと今まで最高を記録しました。12日は、残念ながら879アクセスと減りましたが、13日は、973アクセスと最高に近いアクセス数に戻り、14日は、これまで最高の992アクセスありました。15日は、895アクセスと落ちましたが、16日は、目標としていた1,000アクセスを越え、1,065アクセスと最高を記録しました。昨年に続く応援に、記して、感謝の意を表します


 昨年は、多くの応援有難うございます。おかげさまで、ランキング1位と2位を獲得することができました。
 本年もよろしくお願いします。
 

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年1月 7日 (土)

[85]人名に使える漢字は、2928字あることになっているが

 人名に使える漢字は、常用平易なものであるとされている。

 具体的には、常用漢字1,945字のほかに、人名用漢字別表にある、いわゆる人名用漢字983字の計2,928字が示されている。

 では、これらの字の中から任意の一字もしくは二字以上の組み合わせで名前をつければ、市町村役場で受け付けてくれるかというと、悪魔ちゃん問題のように、子供の将来のために良くないと判断された場合は、受け付けてもらえないということが起こりうる。

 江戸時代などには、悪い意味の名前をわざとつけて、その字の魔力によって、疫病の神など悪い神を撃退するという考えがあったのだが、現在はそういう考え方でつけた名前は、認められない可能性が、非常に高いということだ。

 そういう考え方の方以外なら、「死」などストレートに名前に好ましくない意味の漢字は、「不死」などの形で、その意味を打ち消す形の名前であってもつけないであろう。

 常用漢字は、名前に使うことを目的に制定されたものではないので、こういった文字が多く含まれているのは、当然である。

 名前に使うことを前提に定められている、いわゆる人名用漢字も、具体的な追加要望があった字以外に追加されたものは、人名に使うことがふさわしくない文字を排除するということが、原則としては、行われていない。

 そこで、単発的には、以前から、ふさわしくないであろう文字を指摘してきたが、少し体系的に取り組んでみようと思う。

 いわゆる名付け本は、そういったよくない意味の漢字をはじめから載せないことにより、1,500字程度しか扱っていないように思えるが、新人名用漢字を中心に人名用漢字を一字一字検討してみたいと思う。

 その後で余裕があれば、常用漢字についても同様の作業をしたいと思う。


 9位(最高9位)になることができました。5位以内を目指したいと思いますので、引き続き、クリックして、応援をお願いします。
(20位22位・27位も私のブログです。)
人気blogランキング
 次のランキングへの膨大な支持者の一部の方をこちらに誘導できればと思い、ランキングの貼り付け順を変更してみました。今のところ、次のランキングに主に投票いただいているようですが、こちらにも、やや流れが来たようです。記して感謝の意を表します。


完全に2位(最高2位)を固めました。3位4位・5位・6位・19位も私のブログです。5位以上完全制覇は、昔日の感があります。3位以下のサイトとは、私のものも含め、完全に差がついた感がありますが、引き続き、クリックして応援してください。(抜いたブログの中に自分のものがあるのは、複雑な気持ちです。)
ホームページランキング
1位の方の背中が見えてきました。当然と言えば当然で、昨日のアクセス数は、1位の方のブログが、516アクセスしかないのに比べ、このブログは、864アクセスあるのですから、まさに皆さんのおかげと言えます。


 2位になりましたが、3位も私のブログであり、僅差です。3位4位・5位・9位・10位・11位も私のブログで、5位以上完全制覇は、崩れました。)1位復帰を目指したいと思います。クリックして応援してください。


  4日は665アクセスと、今年に入って初めて、今までの最高を更新しましたが、5日はさらに789アクセス、6日には864アクセスと増え今年に入ってから平均600アクセスを超えています。昨年に続く応援に、記して、感謝の意を表します。


 昨年は、多くの応援有難うございます。おかげさまで、ランキング1位と2位を獲得することができました。
 本年もよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (9)

2005年12月19日 (月)

[68]人名用漢字に名乗りにふさわしくない漢字が含まれているのはなぜか

 名乗りに使える漢字は、常用平易な字とされており、常用漢字と人名用漢字がそれに当たるとされています。

 常用漢字は、名乗りに使うという基準で選定されたものではありませんから、名乗りにふさわしくない漢字が含まれていても至極当たり前のことです。

 一方、人名用漢字は、名乗りに使うことができる漢字をふやしてほしいという要望に対応して増やしてきたはずです。

 しかし、現実の人名用漢字を見てみると、名乗りにふさわしくない漢字が含まれていると感じられる方が多いと思います。

 それは、選定基準が、常用平易ということに置かれ、常用平易か否かということを、使用頻度に求めた結果にほかなりません。

 今回新たに選定された人名用漢字もそうでしたから、案として示された字の中には、名乗りに使うにはふさわしくないと、多くの人が感じるような文字が入っており、案の段階の文字から100字近くが削除され、残りの488字が追加されることになったのです。

 それであっても、組み合わせによっては、名乗りに使えるのじゃないかという漢字は残されたので、あまりふさわしくないと感じられる字も入っているというわけです。


完全に 2位(最高2位)を固めました。(3位・4位・7位・8位・20位も私のブログです。5位以上完全制覇は、昔日の感があります。3位以下のサイトとは、私のものも含め、完全に差がついた感がありますが、引き続き、クリックして応援してください。(抜いたブログの中に自分のものがあるのは、複雑な気持ちです。)
ホームページランキング

 28位まで復活しました。20位以内を目指したいと思いますので、引き続き、クリックして、応援をお願いします。
(14位・18位・51位も私のブログです。)
人気blogランキング


 1位に復帰しましたが、接戦です。(3位・4位・7位・10位・14位も私のブログで、5位以上完全制覇は、崩れました。)1位キープを目指したいと思います。クリックして応援してください。


 14日に、それまで最高の 300アクセスを記録してから、15日に302アクセス、16日に352アクセス、17日に446アクセスと4日連続で、最高記録を更新しました(昨日は、手抜きがばればれな書き込みにもかかわらず365アクセスありました。感謝します。)。書き込みが多くなく、まだまだ不十分なこのブログに、こんなに多くのご支持をいただき有難うございます。
 

| | コメント (1) | トラックバック (4)

2005年11月26日 (土)

[57]名付けに使える漢字の制限

 国が、そんな制限をすること自体、もともと間違っているという考え方がある。

 一寸考えると、納得できそうだが、実際は、かなりの暴論である。

 まず第一に、制限していなければ、どんな漢字を使われても拒否できないのであれば、担当者は、すべての漢字に精通している必要があるということになる。

 また、崩れた字で出されたときに、コンピューター対応がより難しくなる。

 その他、この資料を使う他官庁などの事務も時間も経費もかかることになる。

 それとこのことが最も堪えると思われるが、その経費が膨らむことによって、税金等が高くなり、個人の出費も多くなるということである。

 よって、一見、不合理な制限に見える名付けに使う漢字等の制限は、個人的社会的経費の縮減につながることであり、意味のあることだということがよく分かる。


 3位(最高2位)です。(4位・5位・6位・8位・13位も私のブログです。5位以上完全制覇は、昔日の感があります。クリックして応援してください。(抜いたブログの中に自分のものがあるのは、複雑な気持ちです。)
ホームページランキング

 ついに26位になりました。20位以内を目指したいと思いますので、引き続き、クリックして、応援をお願いします。
人気blogランキング
(14位・15位・29位も私のブログです。)


 7位になりました。(4位・5位・10位・13位・15位も私のブログで、5位以上完全制覇は、崩れました。)クリックして応援してください。


 まだまだ本格的に立ち上がっているといいがたいこのブログに、こんなに多くのご支持をいただき有難うございます。
 

| | コメント (0) | トラックバック (26)

2005年11月13日 (日)

[51]人名用漢字に対応で、漢検の出題範囲変更か

 他のブログに書いたことだが、このブログの読者にも参考になるかと思い、一部変更して、転載した。


 以下は、未確定情報であり、未公開情報であることを事前にご了解願いたい。

 「日本漢字能力検定協会」に近い筋の方からの情報によると、漢字検定の内容の見直しが、なされているようです。

 ただ、これが、何時から行われるのか、どのような見直しなのかは、わかりません。想像できるところからすると、人名用漢字の大改訂も関連しているのではないかと思われます。

 この方、もしくは別ルートから情報が入りましたら、再度お知らせします。


 他のブログに書いてから3週間ほどたったが、確定情報には、なっていない。


 4位です。(7位・8位・9位・15位も私のブログです。5位以上完全制覇は、昔日の感があります。クリックして応援してください。(抜いたブログの中に自分のものがあるのは、複雑な気持ちです。)
ホームページランキング

 このランキングにも参加しました。若干復活したとはいえ、45位です。22位以内に復活するのは、かなりしんどい状況になってきましたが、引き続き、クリックして、応援をお願いします。
人気blogランキング
(17位・18位・33位も私のブログです。)


 3位になりました。(2位・4位・5位・7位・9位も私のブログで、5位以上完全制覇は、崩れました。)クリックして応援してください。


 まだまだ本格的に立ち上がっているといいがたいこのブログに、こんなに多くのご支持をいただき有難うございます。
 

| | コメント (0) | トラックバック (39)

2005年11月12日 (土)

[50]「柾」は、本来「柩」の異体字だが、なぜ人名用漢字に入っているか

 何年か前、「悪魔」という名前をつけようとした人がいたが、子供の将来のため、よくないということで役場に拒否されたということがあった。

 この感覚で、人名用漢字を見てみると、子供の将来のために良いとは思えない漢字も入っている。

 特に「柾」は、本来「柩」の異体字である(「柾目」などと使う場合は、国訓としての用法)ため、将来、漢字の専門家にならなくても、そこそこ漢字に詳しくなれば、その子にとって、たまらないことだろう。

 なぜ、この字が人名用漢字に入っているか、法務省の担当者に尋ねたところ、「一つ一つの漢字の意味を考えて選定していないので、実際に名がつけられてからの判断となる。「悪」でも「魔」でも組み合わせによって、名前にふさわしいものであれば、受け付けられた可能性がある。「柾」も同じである」という趣旨の回答であった。


 5位です。(7位・8位・12位・14位も私のブログです。5位以上完全制覇は、昔日の感があります。クリックして応援してください。(抜いたブログの中に自分のものがあるのは、複雑な気持ちです。)
ホームページランキング

 このランキングにも参加しました。56位に落ちてしまいました。22位以内に復活するのは、かなりしんどい状況になってきましたが、引き続き、クリックして、応援をお願いします。
人気blogランキング
(19位・25位・36位も私のブログです。)


 4位になりました。(2位・3位・5位・6位・7位も私のブログで、5位以上完全制覇は、崩れました。)クリックして応援してください。


 まだまだ本格的に立ち上がっているといいがたいこのブログに、こんなに多くのご支持をいただき有難うございます。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)