2006年3月 9日 (木)

《4》占い師に素人と信用してもらえなかった

 私は、姓名判断のプロではありませんし、ましてや占いについては、まったくの素人です。

 ただ、名付けについて詳しく考え、姓名判断のプロの方とも何回か議論したことはあります。

 といっても、トップクラスの方ではなく、地方の温泉や繁華街で占いを兼ねた姓名判断をしたり、印鑑を売るためにそういったことをされている方なので、たかが知れています。

 ですから、ネット上でも有名なレベルの姓名鑑定士さんや占い師さんの考え方を質問したかったのですが、同業者と思われたらしく、質問には答えられないとか、素人向けの会なので、会員になることもできないと断られてしまった。

 かなり控えめに言ったつもりだったのだが、天文好きが災いして、星の知識を出しすぎたためか、占星術か姓名判断のプロと見られてしまった。

 いろいろ聞いて、ブログの話題にちょいだしするつもりだったのだが、失敗に終わってしまった。

 どこに聞いたのか書かないが、本館ではなく、こちらに先に書いたことで想像していただきたい。

| | コメント (536) | トラックバック (126)

2006年2月16日 (木)

[134]私の言っていることが迷信だと言われる方へ

 感謝 ホームページランキング1位 維持
          ↑をクリックして、応援してください。

 次のような書き込みがなされました。


おまえの云ってる事こそ、何の根拠もない迷信だよ。
もっと勉強しろ!!いいかげんな事を言ってると訴えるよ!!


 単なる悪ふざけの書き込みなら、この記事を無視していただいて結構です。

 姓名判断家・占い師さんによる真摯な批判であるなら、次の質問にきちんと答えてください。

1.勉強しろといわれるのなら、あなたのサイトもしくは、書かれた書籍を教えてください。
 
2.名前どころかハンドルネームも書かずにコメントされるのは、なぜですか。言っている内容に自信があるのなら、そんなことしないと思うのですが、いかがですか。

3.姓名判断で、同姓同名(読みも漢字も完全に同じ)の人の運勢の違いは、どう判断するのですか。

4.『康煕字典』が引き起こした、「しんにょう」の問題も知らず、康煕字典体=数千年も続いている正字体などと言っている人へ、あなたは、どんな批判的態度をとってきましたか。

5.姓名判断家と私が言っていることのいずれが正しいか判断する方法を例示し、判断は、読者に任せると言ったのですが、読んでいただけましたか。

6.占いは、統計学だなどとうそぶいている占い師がいますが、どう思われますか。外れた人にとっては、100パーセントだめなのに、99パーセント当たりますなんて言っても仕方がないことすらわからない人が占い師をやっていることについてどう思いますか。

7.私の言っているどれが迷信なのか具体的に批判してください。迷信だという内容に対する正しい内容について、正しいということを証明してください。

8.いい加減なことを言っていると訴えるよといっていますが、法律名と条文を明示してください。

9.ブログで言っていることなのですから、あなたのホームページやブログで、このブログや私を批判して、このブログへのアクセスが、激減するようにやっつけてやるとは思いませんか。


 以上のことが、明確に答えられないのであれば、二度とこないでください。

 3日(72時間)以内にすべてについて、明確な回答がない場合、また無記名での書き込みの場合、あなたのものと思われるコメントは、すべて削除するつもりです。


 具体的な根拠を明示した、学問的批判には、当然のことながら、深く傾聴したいと思っています。


 今後とも、Yahoo・Google認定「名前漢字」サイト最高峰「名前漢字と名付けお助けブログ」を応援いただきたい。


 なお、気に入っていただいた場合は、一番上か二番目のランキングをクリックしていただければ、幸いである。

 8位(最高4位)です。3位以内をめざしたいと思いますので、引き続き、クリックして、応援をお願いします。
(18位20位・31位・38位も私のブログです。)
人気blogランキング


1位(最高1位)に復帰できました3位5位・6位・7位・11位も私のブログです。5位以上完全制覇は、昔日の感がありますが、6位までに私のブログが4つあるという状況は、通常ではないでしょう。3位以下のサイトとは、私のものも含め、完全に差がついた感がありますが、引き続き、クリックして応援してください。1位争いができるようになりました。今後ともよろしくお願いします。
ホームページランキング
1位復帰できましたが1位キープを目指したいと思いますので、より一層の応援をお願いします。


クリックして応援してください。


 1月16日に記録した1,065アクセス以来、1日1,000アクセスを超える日はありませんが、2月に入って、1日は850アクセス、2日は870アクセス、3日は823アクセス、4日は827アクセス、5日は922アクセス、6日は971アクセス、7日は890アクセス、8日は902アクセス、9日は817アクセス、10日は841アクセス、11日は748アクセス、12日は881アクセス、13日は927アクセス、14日は969アクセス、15日は883アクセスで、15日間で13,121アクセスと1日平均870アクセスを超えています


            ↓をクリックして応援してください。
 引き続き、 ホームページランキング1位 の座を守れるよう応援をお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (10)

2006年2月 7日 (火)

[124]画数占いがあてにならないことを証明する方法

 感謝 ホームページランキング1位 復帰

 姓名の画数を元にした姓名判断が全くあてにならないことを立証します

 ただし、立証するのは、私ではなく、あなたです

 用意するのは、画数による姓名判断が載っている本一冊だけでも可能です。

 最近、あなたが不幸だなと思った人と幸福だなと思った人について、その本の判断が正しいかどうか見てみます。

 正しくなければ、その時点で、その占い師は、失格です。


 6位(最高4位)です。3位以内をめざしたいと思いますので、引き続き、クリックして、応援をお願いします。
(20位23位・28位も私のブログです。)
人気blogランキング


1位(最高1位)に復帰できました4位6位・7位・13位・27位も私のブログです。5位以上完全制覇は、昔日の感があります。3位以下のサイトとは、私のものも含め、完全に差がついた感がありますが、引き続き、クリックして応援してください。1位争いができるようになりました。今後ともよろしくお願いします。
ホームページランキング
1位復帰できましたが1位キープを目指したいと思いますので、より一層の応援をお願いします。


 同じように、最近世間を騒がせた人、栄冠を得るなどして幸福だと思える人についても同じようにやってみます。

 この場合は、その事実を見て、本の内容を変えているかもしれませんので、対応できないほど新しいものの中から選びます。

 それでも問題なければ、先日紹介した7万人もの日本人が載っている人名辞典から、いい人生だと思える人とそうでないと思える人をなるだけマイナーな人の中から選び、確認してみます。

 この作業を10人も繰り返さないうちに、すべての画数占いの本は、当てはまらないケースが出てくるはずです。

 一人でも該当しない人がでてくるとだめなのかと言われるかもしれませんが、占いがいい加減で、不幸になるのが、あなたのお子さんであれば、100パーセントはずれたのと同じことです。

 それですから、一万人、いえ、もっと多くの方のうち一人はずれたのでも、問題があるということです。

 どんな占いでも、あたるも八卦、あたらぬも八卦のレベルであり、100パーセントあたるなどということは不可能であるのだから、はずれくじを引かないように、信じないのが、一番だというのが、今日の結論。

 いつも言っているように、ご両親が愛情込めて、良い意味の漢字を使って、命名してあげましょう。

 今後とも、Yahoo認定「名前漢字」サイト最高峰「名前漢字と名付けお助けブログ」を応援いただきたい。


 なお、気に入っていただいた場合は、一番上か二番目のランキングをクリックしていただければ、幸いである。

1位(最高1位)に復帰できました4位6位・7位・13位・27位も私のブログです。5位以上完全制覇は、昔日の感があります。3位以下のサイトとは、私のものも含め、完全に差がついた感がありますが、引き続き、クリックして応援してください。1位争いができるようになりました。今後ともよろしくお願いします。
ホームページランキング
1位復帰できましたが1位キープを目指したいと思いますので、より一層の応援をお願いします。


 6位(最高4位)です。3位以内をめざしたいと思いますので、引き続き、クリックして、応援をお願いします。
(20位23位・28位も私のブログです。)
人気blogランキング


クリックして応援してください。

| | コメント (277) | トラックバック (400)

2006年2月 4日 (土)

[121]占い師が、信用できないというひとつの証拠

 画数による姓名判断など各種の占い師の言うことが、何の科学的根拠もない、昔からの伝承や口からでまかせのいいかげんなものであることは、言を待ちませんが、それを立証するようなことが、ニュースやブログで取り上げられています

 「細木数子氏、ホリエモン占い当たった強調」という記事もそのひとつですが、占い師があたったことばかり宣伝し、外れたことは歯牙にもかけないなどということは、あたりまえのことであり、信用できない占い師の口車に乗って、株を買って損するのは、当人の責任である。

 たまたま数億円単位で儲けたとしたら、おかげさまで儲かりましたので、お礼として半額差し上げますとでもいうつもりであったのだろうか。そんなわけはなく、この人たちも非科学的な占い師と同様な人たちであることに違いない。

 このように大物占い師もまったく信用できないことが立証されたのであるから、その他大勢が信用できるはずもないことが再認識できたのではないでしょうか。


2位(最高1位)です4位5位・13位・20位・33位も私のブログです。5位以上完全制覇は、昔日の感があります。3位以下のサイトとは、私のものも含め、完全に差がついた感がありますが、引き続き、クリックして応援してください。1位争いができるようになりました。今後ともよろしくお願いします。
ホームページランキング
2位になってしまいましたが1位復帰を目指したいと思いますので、より一層の応援をお願いします。


 8位(最高5位)です。5位以内をめざしたいと思いますので、引き続き、クリックして、応援をお願いします。
(19位24位・28位も私のブログです。)
人気blogランキング


 もちろん、小中学生ぐらいの子供が、遊びのレベルとして行う無邪気な占いまで、否定するものではありません。

 ただ、上の記事にあるような口からでまかせの占い師を人気者に仕立てたテレビなどのメディアの責任も断罪されるべきであることは、言うまでもないでしょう

 そのように思っているからこそ、姓名判断家を含む非科学的な口からでまかせの占い師にだまされないように、度々言っているのである

 今後とも、Yahoo認定「名前漢字」サイト最高峰「名前漢字と名付けお助けブログ」を応援いただきたい。


 なお、気に入っていただいた場合は、一番上か二番目のランキングをクリックしていただければ、幸いである。


2位(最高1位)です4位5位・13位・20位・33位も私のブログです。5位以上完全制覇は、昔日の感があります。3位以下のサイトとは、私のものも含め、完全に差がついた感がありますが、引き続き、クリックして応援してください。1位を争いができるようになりました。今後ともよろしくお願いします。
ホームページランキング
2位になってしまいましたが1位復帰を目指したいと思いますので、より一層の応援をお願いします。

 8位(最高5位)です。5位以内をめざしたいと思いますので、引き続き、クリックして、応援をお願いします。
(19位24位・28位も私のブログです。)
人気blogランキング


クリックして応援してください。


 16日は、目標としていた1,000アクセスを越え、1,065アクセスと最高を記録しました。17日は、871アクセス、18日は845アクセス、19日は817アクセス、20日は883アクセスでしたが、21日は、6日に始めて800アクセスを超えてから、初めて800アクセスを割って643アクセスになりましたが、22日は835アクセス、23日は931アクセス、24日は850アクセス、25日は773アクセス、26日は831アクセス、27日は807アクセスで、今月の1日平均アクセス数は、830を超えていました。しかし、一昨昨日の書き込みを手抜きと見られたのか、一昨日は、一挙に660アクセスに減りましたが、29日は789アクセス、30日は813アクセス、31日は830アクセスと持ち直しました。2月に入っても、1日870アクセス、2日850アクセス、3日823アクセスと多くの方に来ていただいていますこの批判を真摯に受け止め、改善したいと思いますので、さらに応援していただきたく、お願いします


 昨年は、多くの応援有難うございます。おかげさまで、ランキング1位と2位を獲得することができました。
 本年もよろしくお願いします。
 


 このブログは、9月1日に公開し、9月3,000アクセス、10月3,824アクセス、11月4,650アクセス、12月10,738アクセス、1月25,627アクセス、1月までで計47,839アクセス、2月に入って2,543アクセスで、昨日までに50,000アクセスを突破できましたご報告して、感謝の表明に変えたいと思います

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月22日 (日)

[109]どうしても画数占いが必要な方に

 どうしても画数占いが気になるという方、自分は気にならないが、配偶者や親族が気になるというのをどうしても反対できないという方、そういった方がやはりいらっしゃると思います。

 そういった場合、画数占いを使うこと自体には反対しませんが、姓名判断家に最終判断を任せないでください。

 必ず自分たちがつけたい名前の読み、使いたい漢字をはっきりさせておき、いくら縁起のいい画数ばかりの名前だと言われても、首を縦に振るようなことは絶対にしてはいけません。

 できれば、名付け本の姓名判断を参考にする程度にとめて、できるだけ意味のある名前、良い意味の漢字を使った名前、そして愛情を込めた名前を付けてあげましょう。

 まだまだ、各方面に占い師の影響力が残っているように思われますが、お子さんが大きくなったときには、より科学的な社会になっていることは、当然のこととして予想されますし、お子さんが、ご両親より、より科学的な思考をもたれることも当然のこととして考えておかなければなりません。

 姓名判断も頼って、名付けしたとしても、自分たちでこのように考えて名付けしたと、名付けの由来をお子さんに堂々と話せるようにすべきだと思います。

 常用漢字には、名付けにふさわしくない漢字が含まれていることなど、普通に知られていることですが、今まで何回か書いてきたように人名用漢字にもあまり名付けにふさわしくない字が含まれています。

 しかし、姓名判断をやられる方は、漢字の専門家ではありませんので、そういったことをご存知でない方もいらっしゃると思われます。

 そうですから、画数などにより姓名判断をしてもらっても、変な意味で使われる可能性のある漢字に詳しいわけではありません。

 「柾」が本来「柩(ひつぎ)」の意だということは、以前も述べましたが、これは漢和辞典にも書いていないことが多いことです。

 また、字源まで気にすることはないと申し上げたことがありますが、「也」は「女陰の形」もしくは「蛇の形」が字源だと言われており、知っていれば、お子さん、特に男の子の名前として、ふさわしいと思われる方は、いないでしょう。


 しかし、そういったことを相談することができる漢字に詳しい方がお近くにいるとばかりは、限りません。そういった場合に、ご相談いただきたいということで、「名前漢字と名付けお助けブログ」をやっているのです

2位(最高1位)です3位8位・15位・23位・32位も私のブログです。5位以上完全制覇は、昔日の感がありますが、第一歩を踏み出したことになります。3位以下のサイトとは、私のものも含め、完全に差がついた感がありますが、引き続き、クリックして応援してください。1位を争いは、過去になりましたが、今後ともよろしくお願いします。
ホームページランキング
2位になってしまいましたが、1位復帰を目指したいと思いますので、より一層の応援をお願いします。


 8位(最高5位)です。5位以内をめざしたいと思いますので、引き続き、クリックして、応援をお願いします。
(22位26位・37位も私のブログです。)
人気blogランキング


 2位になりました。3位6位・10位・11位・14位・23位も私のブログです。5位以上完全制覇が、再び達成できましたが、瞬間的でした。)1位キープを目指したいと思います。クリックして応援してください。


 5日は789アクセス、6日は864アクセス、7日は873アクセス、8日は984アクセスと増えていましたが、9日が972アクセス、10日が948アクセスとやや足踏み状態でした。それでも今年に入ってから平均750アクセス以上で、このブログの実力を超える訪問者数なので、これ以上多くの訪問者は、無理なのではないかと考えていたところ、11日は、987アクセスと今まで最高を記録しました。12日は、残念ながら879アクセスと減りましたが、13日は、973アクセスと最高に近いアクセス数に戻り、14日は、これまで最高の992アクセスありました。15日は、895アクセスと落ちましたが、16日は、目標としていた1,000アクセスを越え、1,065アクセスと最高を記録しました。17日は、871アクセス、18日は845アクセス、19日は817アクセス、20日は883アクセスでしたが、21日は、6日に始めて800アクセスを超えてから、初めて800アクセスを割って643アクセスになりましたが、今月の1日平均アクセス数は、830以上あります。さらに応援していただきたく、お願いします


 昨年は、多くの応援有難うございます。おかげさまで、ランキング1位と2位を獲得することができました。
 本年もよろしくお願いします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年1月21日 (土)

[108]占い師のこじつけを信じていると名付けなどできない

 「死・悪・魔」など、誰が考えても悪い意味の漢字だと思えるものも確かにあります。

 次の名前は、よくない名前だと思いますか。

 松田聖子・榊原芳恵・南夕子・原辰徳・春美・小夜。

 以上は、名付け本から拾った、良くない名付けの例です。

 松田聖子は、名前を伸ばして読むと品が良くないし、イニシャルだとSMになる。

 榊原芳恵は、名前を音読みすると品がない。

 南夕子は、「1南の暖かいイメージと夕方の寒々としたイメージが合わない。 2「夕」は、人生のたそがれ時をイメージし、名前にふさわしくない。 3「夕子」は、「タコ」と読まれ、からかわれる危険性がある。」と、盛りだくさんな批判。

 原辰徳は、「はらたつ(腹立つ)のり」と読め、からかいの対象となる。

 春美は、春(はる)が、突っ張るをイメージさせて良くない。

 小夜は、夜が名前にふさわしくない。


 けちをつければ、つけれるものだと、あきれてしまうが、イニシャルにいたっては、結婚して姓が変わると、どちらの姓を名乗ってもこじつけられるものがある場合、結婚をあきらめろと言うのだろうか。

 全くばかばかしいこじつけが多すぎると思う。

 からかいの対象となる可能性がある名付けや意味の悪い漢字を使っての名付けを積極的にすすめはしないが、あまり過敏になると、名付けできなくなる可能性があると、考えておくべきだろう。

2位(最高1位)です3位9位・15位・20位・36位も私のブログです。5位以上完全制覇は、昔日の感がありますが、第一歩を踏み出したことになります。3位以下のサイトとは、私のものも含め、完全に差がついた感がありますが、引き続き、クリックして応援してください。1位を争いは、過去になりましたが、今後ともよろしくお願いします。
ホームページランキング
ついに頂点に立つことができましたが、2位であることのほうが多くなっています1位復帰を目指したいと思いますので、より一層の応援をお願いします。


 10位(最高5位)です。5位以内をめざしたいと思いますので、引き続き、クリックして、応援をお願いします。
(23位31位・35位も私のブログです。)
人気blogランキング


 2位になりましたが、3位も私のブログです。5位6位・10位・11位・20位・21位も私のブログです。5位以上完全制覇が、再び達成できましたが、瞬間的でした。)1位キープを目指したいと思います。クリックして応援してください。


 5日は789アクセス、6日は864アクセス、7日は873アクセス、8日は984アクセスと増えていましたが、9日が972アクセス、10日が948アクセスとやや足踏み状態でした。それでも今年に入ってから平均750アクセス以上で、このブログの実力を超える訪問者数なので、これ以上多くの訪問者は、無理なのではないかと考えていたところ、11日は、987アクセスと今まで最高を記録しました。12日は、残念ながら879アクセスと減りましたが、13日は、973アクセスと最高に近いアクセス数に戻り、14日は、これまで最高の992アクセスありました。15日は、895アクセスと落ちましたが、16日は、目標としていた1,000アクセスを越え、1,065アクセスと最高を記録しました。17日は、871アクセス、18日は845アクセス、19日は817アクセス、20日は883アクセスでしたが、6日に始めて800アクセスを超えてから、800アクセスを割っていませんし、今月の1日平均アクセス数は、840以上あります。昨年に続く応援に、記して、感謝の意を表します


 昨年は、多くの応援有難うございます。おかげさまで、ランキング1位と2位を獲得することができました。
 本年もよろしくお願いします。

| | コメント (715) | トラックバック (104)

2006年1月13日 (金)

[96]占い師に頼んだ名前は、良くないものが多い

 占い師や姓名判断家に頼むと、良い名前がつくと思っている人いませんか。

 とんでもない誤りです。

 ところで良い名前ってなんでしょう。

 お子さんが、幼稚園や学校でからかいの対象になるような名前は、一見良い名前に見えるものでもよくない名前ということになります。

 占い師や姓名判断家は、自分が学んだ流派に基づく運勢の良い名前というのをつけようとしがちです。

 そもそもそれが誤りです。

 画数やその他の占いによって名づけされた名前で人が幸福になるなんて何の根拠もありません。

 それなら同姓同名の人で、生年月日も変わらないという人同志では、運勢がほとんど同じということになりますが、実際は、そんなことはないでしょう。

 それに、もっとも問題なのが、名のある占い師や姓名判断家というのは、普通年寄りです。

 少々、普通の年寄りよりは、現代感覚に優れた人がいたとしても、赤ちゃんの両親とは、一世代違うことが多いと思います。

 よって価値観も大きく異なり、両親が期待するような現代感覚にもイメージ的にも優れた名前を付けることが出来るはずがありません。

 それに、この人達は、漢字に関しては、全くの素人ですから、意味がよくないこともあるような漢字であっても、自分の手元にある辞書にそのことが出ていなければ、分かるはずもありませんし、ましてや『康煕字典』が、中国の漢字の歴史を必ずしも踏まえていないことなど知る由もありません。

 占い師や姓名判断家は、そういった技量が低いばかりでなく、画数占いなどに気が行っていますから、良い意味の漢字を使っているか、将来子供がからかいの対象になるような名前になっていないかなど、本当に大事なことに気が回っているか、疑問視しておいた方がいいでしょう。

 最後に一番大事なことですが、そのような経緯でつけられた名前によって、お子さんがからかいの対象になるなど、不幸になった場合、占い師に責任があるのではなく、そういった人達を頼った赤ちゃんのご両親に全責任があるのだということを、再度言っておきます(親族などに強くすすめられて断れなくても、例外ではありません。他の親族と上手くやっていくことと、自分の子供の一生の名前と、どちらが大事か言うまでもありません。)。

 くれぐれも、ご両親が熟慮の上、赤ちゃんに良い名をつけてあげてください。

 6位(最高5位)です。5位以内をめざしたいと思いますので、引き続き、クリックして、応援をお願いします。
(15位17位・27位も私のブログです。)
人気blogランキング
 次ののランキングへの膨大な支持者の一部の方をこちらに誘導できればと思い、ランキングの貼り付け順を変更してみました。今のところ、こちらにも、流れが来たようです。次のランキングが苦戦していましたので、一時的にもとに戻していましたが、2番目においたのでは、此方への投票が激減するようなので、やはり上におくことにしました。皆様方の暖かい応援に対し、記して感謝の意を表します。


1位(最高1位)争いをしています3位4位・5位・6位・11位も私のブログです。5位以上完全制覇は、昔日の感がありますが、第一歩を踏み出したことになります。3位以下のサイトとは、私のものも含め、完全に差がついた感がありますが、引き続き、クリックして応援してください。1位を争いは、非常に熾烈ですので、今後ともよろしくお願いします。
ホームページランキング
ついに頂点に立つことができましたが、混戦中ですより一層の応援をお願いします。


 2位になりましたが、3位も私のブログです。3位4位・6位・8位・9位・13位も私のブログです。5位以上完全制覇が、再び達成できましたが、瞬間的でした。)1位キープを目指したいと思います。クリックして応援してください。


 5日は789アクセス、6日は864アクセス、7日は873アクセス、8日は984アクセスと増えていましたが、9日が972アクセス、10日が948アクセスとやや足踏み状態でした。それでも今年に入ってから平均750アクセス以上で、このブログの実力を超える訪問者数なので、これ以上多くの訪問者は、無理なのではないかと考えていたところ、11日は、987アクセスと今まで最高を記録しました。12日は、残念ながら879アクセスと減りましたが、十分すぎるアクセス数だと思っています。昨年に続く応援に、記して、感謝の意を表します


 昨年は、多くの応援有難うございます。おかげさまで、ランキング1位と2位を獲得することができました。
 本年もよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月10日 (火)

[91]どうしても画数による姓名判断が必要だという方に

 非科学的だとは思うが、どうしても気になってしょうがない。自分たちは信用していないが、周りとのトラブルを避けるために、どうしても姓名判断を使ったことにしたいという方もいるでしょう。

 そういった方のために、画数による姓名判断が載っている本の選び方を説明しておきます。

 正字の歴史は、数千年あり、当用漢字・常用漢字の新字体のように時の政府の政策によって変わるものとは違うので、正字を使うなどという人は、漢字に関する認識不足もはなはだしい。甲骨金文を入れても、漢字と認定されているものの歴史自体そんなにもない。今、正字の基準としている楷書体や明朝体の歴史は、もっと短いという認識のない人のものは、選んではいけない。

 「康煕字典」に権威を求めながら、康煕字典体ではなく、旧字体などの一部にある、いわゆる康煕字典体を正字とするものも選んではならない。

 楷書の時代に入って、文字の字体の規範を示した「干禄字書」をはじめ「康煕字典」が作られるまで、字典などの親字を見ればわかるように、しんにょうは三画が正しいとされていました。例外として「正字通」という字書が字書の名前のみ四画のしんにょうを使っていますが、本文の親字は、三画にしています。

 このように長い間、正しいとされてきた三画のしんにょうを四画にし、その後の混乱をまねいたのは、「康煕字典」であることを理解しないで、四画のしんにょうにしようとしているものも選んではだめです。

 本家と分家で苗字の字を変えるということも行われており、姓名判断をするのであれば、このような違いを注目すべきであるのに、いかなる方法にせよ、字体を統一しようとすることは、苗字に関する基礎知識もない方ですので、そのようなものも選んではだめです。


 そのような知識がきちんとある方が書かれたのであれば、特におすすめはしませんが、そのような名付け本を参考にすることを頭ごなしに否定はしません。


 6位(最高5位)です。5位以内をめざしたいと思いますので、引き続き、クリックして、応援をお願いします。
(16位19位・22位も私のブログです。)
人気blogランキング
 次のランキングへの膨大な支持者の一部の方をこちらに誘導できればと思い、ランキングの貼り付け順を変更してみました。今のところ、次のランキングに主に投票いただいているようですが、こちらにも、やや流れが来たようです。記して感謝の意を表します。


ついに1位(最高1位)になりました3位4位・5位・6位・12位も私のブログです。5位以上完全制覇は、昔日の感がありますが、第一歩を踏み出したことになります。3位以下のサイトとは、私のものも含め、完全に差がついた感がありますが、引き続き、クリックして応援してください。(1位になったとは言え、僅差です。今後ともよろしくお願いします。)
ホームページランキング
ついに頂点に立つことができました。当然と言えば当然で、最近のアクセス数は、元1位の方のブログが、600アクセス程度しかないのに比べ、このブログは、900アクセスほどもあるのですから、まさに見ていただいた皆さんのおかげと言えます。


 2位になりましたが、1位も私のブログであり、僅差です。1位3位・4位・5位・8位・9位も私のブログです。5位以上完全制覇が、再び達成できました。)1位復帰を目指したいと思います。クリックして応援してください。


  4日は665アクセスと、今年に入って初めて、今までの最高を更新しましたが、5日は789アクセス、6日は864アクセス、7日は873アクセス、8日は984アクセスと増え、9日も972アクセスあり今年に入ってから平均700アクセス以上になっています。昨年に続く応援に、記して、感謝の意を表します。


 昨年は、多くの応援有難うございます。おかげさまで、ランキング1位と2位を獲得することができました。
 本年もよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 9日 (月)

[90]占いをやっていない姓名判断家もいる

 姓名判断家の中には、どうもプロの占い師でない人もいるようだ。

 画数判断をするにあたり、陰陽がどうとか、凶数がどうとかよりも、この画数の人(名前を明示している)に、こういう悪人がいるとか、こういう不幸にあった人がいるとか、歴史上の大罪人がいるとかということで凶数と判断する。

 その反対によく売れた小説を書いた人であるとか、総理大臣や昔の将軍や強い武将の名であるとか、大成功した財界人にその画数の人がいるという理由で吉数と判断する。

 そういった情報を集めて、実例を集めた統計学的手法で、姓名判断学であるといった、まったくばかげたことを巧妙に言っている人がいる。

 冷静に判断すると、統計学的に有効なデータがそんなことで集められるはずがないことは、すぐにわかる。

 こういったデータは、新聞その他に出ている特殊な例や歴史的有名人について調べることはできるが、名のない人物が、長幼の序を崩して早死にしたとか、難病にかかって苦労しているとか、地域のとんでもない不良であるとか、反対に善行で表彰されたとか、地域の名士であるとかいうことも、きちんと調べることはできない。

 仮にかなりのレベルで調べることができたとしても、名前が悪行や善行に影響を与えるなどという理由は、どこにも見当たらない。

 ただし、こういったデータは、一笑に付すわけにはいかない。集められて、抽象化されたデータは、何の価値もないが、具体的な個別のデータは、役に立たないこともない。

 歴史上の名のある人物は、善行の人であっても、同姓同名などとなると、からかいの対象となるし、家康ぐらいのビックネームなら単に同名でもそうである。

 これが悪いことをやった人などマイナスのイメージの人なら、どこでそのことを知っている人がいないとも限らないので、わかる限り調べて、そのような名前は避けたほうがいいに決まっているのである。

 それであるから、悪い画数の例示に出してあるにしても、そういうデータは、有用に使わせてもらうべきであろう。

 また、あやかり命名は会社の社長や取引先関係は、経営環境・経済環境などの問題で、その人の立場が、名付けした人にとって、よくないことにならないとも限らないので、もっと大物にしたほうがいいという人がいるが、先に述べた理由により、歴史上の人物を含め、すべてのあやかり命名は、やめるべきだと断言する。

 6位(最高5位)です。5位以内をめざしたいと思いますので、引き続き、クリックして、応援をお願いします。
(16位19位・22位も私のブログです。)
人気blogランキング
 次のランキングへの膨大な支持者の一部の方をこちらに誘導できればと思い、ランキングの貼り付け順を変更してみました。今のところ、次のランキングに主に投票いただいているようですが、こちらにも、やや流れが来たようです。記して感謝の意を表します。


完全に2位(最高2位)を固めました。3位4位・5位・6位・12位も私のブログです。5位以上完全制覇は、昔日の感があります。3位以下のサイトとは、私のものも含め、完全に差がついた感がありますが、引き続き、クリックして応援してください。(抜いたブログの中に自分のものがあるのは、複雑な気持ちです。)
ホームページランキング
1位の方の背中が見えてきました。当然と言えば当然で、昨日のアクセス数は、1位の方のブログが、635アクセスしかないのに比べ、このブログは、984アクセスあるのですから、まさに皆さんのおかげと言えます。


 2位になりましたが、1位も私のブログであり、僅差です。1位3位・4位・5位・8位・9位も私のブログです。5位以上完全制覇が、再び達成できました。)1位復帰を目指したいと思います。クリックして応援してください。


  4日は665アクセスと、今年に入って初めて、今までの最高を更新しましたが、5日は789アクセス、6日は864アクセス、7日は873アクセス、8日は984アクセスと増え今年に入ってから平均700アクセス以上になっています。昨年に続く応援に、記して、感謝の意を表します。


 昨年は、多くの応援有難うございます。おかげさまで、ランキング1位と2位を獲得することができました。
 本年もよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (33)

2005年12月30日 (金)

[78]「花」という字が縁起が悪いという屁理屈について

 確かに「死」など、人の名前に使うには、意味が悪いと思われる字は、存在する。

 しかし、この字であっても、「不老不死を願う」などと積極的にいい意味に使われることもある。

 それからすると、綺麗な「はな」を表す「花」が、「はな」は、散るものであるから、縁起が悪いなどというのは、屁理屈に過ぎない。

 それであれば、動植物をはじめとする全ての生き物は、死ぬから縁起が悪いということになり、「生」の字や新しく人名用漢字に入った「苺」なども縁起が悪いから使うなということになりかねない。

 同じように「美しい」ものは、いずれそうでなくなるから縁起が悪いとか、「正しい」とは、権力者側の理論だからよくないとか、理由をつければ、どんな良い意味の字でも縁起が悪くなる。

 逆に「死」は、上に触れたようにいい意味にも使え、他の生き物の糧になるから悪いことではないとか、「悪」とは、権力者側を「正」とした場合に従わなかった「民」のことであり、「民衆」である一般人にとって本来良くない意味の字ではないなどとすると、全て逆転してしまう。

 以上のことから、屁理屈抜きで、普段良い意味に使う字なのかそうでないのかを判断し、良い意味の字を使って、お子さんの名前を付けましょう。

 19位(最高18位)になりました。15位以内を目指したいと思いますので、引き続き、クリックして、応援をお願いします。
(16位・22位・26位も私のブログです。)
人気blogランキング
 次のランキングへの膨大な支持者の一部の方をこちらに誘導できればと思い、ランキングの貼り付け順を変更してみましたが、今のところ、次のランキングに主に投票いただいているようで、もくろみは、崩れた形です。


完全に2位(最高2位)を固めました。(3位・4位・5位・11位・19位も私のブログです。5位以上完全制覇は、昔日の感があります。3位以下のサイトとは、私のものも含め、完全に差がついた感がありますが、引き続き、クリックして応援してください。(抜いたブログの中に自分のものがあるのは、複雑な気持ちです。)
ホームページランキング


 1位に復帰しましたが、接戦です。(2位・3位・8位・9位・10位・14位も私のブログで、5位以上完全制覇は、崩れました。)1位キープを目指したいと思います。クリックして応援してください。


  26日は、それまで最高の617アクセスを記録し、27日が535アクセス、28日が489アクセスありました。昨日は、637アクセスと、また最高を更新しました。記して、感謝の意を表します。

| | コメント (0) | トラックバック (1)