2006年2月24日 (金)

[145]名乗り欄ではなく名付け欄が欲しい

感謝 ホームページランキング1位 復帰
          ↑をクリックして、応援してください。


 今日の主題は、名付けには、漢和辞典の名乗り欄は、使いにくいということです。


 皆さんご存知のように、漢和辞典には、名乗り欄があり、名付けのときや名乗りが読めないときに参考にしますね。

 しかし、使いにくいと思われませんか。

 その理由は、読みから引きにくい、かなりマニアックな読みも入っているように思う、二字名前などの具体例がないという3点に集約できるのじゃないでしょうか。

 それで、表題のように、名乗り欄より名付け欄が欲しいということになるのです。


 まだ続きます。


1位(最高1位)です3位5位・7位・10位・27位も私のブログです。5位以上完全制覇は、昔日の感がありますが、7位までに私のブログが4つあるという状況は、通常ではないでしょう。3位以下のサイトとは、私のものも含め、完全に差がついた感がありますが、引き続き、クリックして応援してください。1位争いができるようになりました。今後ともよろしくお願いします。
ホームページランキング
1位復帰できましたが1位キープを目指したいと思いますので、より一層の応援をお願いします。


 7位(最高4位)です。3位以内をめざしたいと思いますので、引き続き、クリックして、応援をお願いします。
(20位24位・30位・50位も私のブログです。)
人気blogランキング


 上で述べた使いにくい点は、名付け欄ではなく、名乗り欄であり、かつおまけ的に扱われているからだと言えます。

 すなわち、名付けするためではなく、難しい名前を読むためにあるからそういうことになるのです。

 そこで、名付け欄があれば、役に立つのではないかと考えたのです。

 名乗りではなく名付け欄なので、常用漢字と人名用漢字に欄を作ったのですむ。マニアックな読みは必要ない。索引欄に載せるのも量が少なくてすむ。漢字数が少ないので、二字名前にも対応できる。

 このように思われませんか。これで、漢和辞典の編集部に提案してみようと思います。

 今後とも、Yahoo・Google認定「名前漢字」サイト最高峰「名前漢字と名付けお助けブログ」を応援いただきたい。


 なお、気に入っていただいた場合は、一番目??三番目のランキングをクリックしていただければ、幸いである。


1位(最高1位)です3位5位・7位・10位・27位も私のブログです。5位以上完全制覇は、昔日の感がありますが、7位までに私のブログが4つあるという状況は、通常ではないでしょう。3位以下のサイトとは、私のものも含め、完全に差がついた感がありますが、引き続き、クリックして応援してください。1位争いができるようになりました。今後ともよろしくお願いします。
ホームページランキング
1位復帰できましたが1位キープを目指したいと思いますので、より一層の応援をお願いします。


 7位(最高4位)です。3位以内をめざしたいと思いますので、引き続き、クリックして、応援をお願いします。
(20位24位・30位・50位も私のブログです。)
人気blogランキング


日本ブログ村にも参加しました。↓のバナーをクリックして応援してください。
にほんブログ村 教育ブログへ


クリックして応援してください。


 1月16日に記録した1,065アクセスを除けば、1日1,000アクセスを超える日は、二日しかありませんが、2月に入って、1日は850アクセス、2日は870アクセス、3日は823アクセス、4日は827アクセス、5日は922アクセス、6日は971アクセス、7日は890アクセス、8日は902アクセス、9日は817アクセス、10日は841アクセス、11日は748アクセス、12日は881アクセス、13日は927アクセス、14日は969アクセス、15日は883アクセス、16日は969アクセス、17日は802アクセス、18日は768アクセス、19日は830アクセス、20日は897アクセス、21日は1,107アクセス、22日は1,242アクセス、23日は964アクセスで、23日間で20,700アクセスと1日平均900アクセスちょうどになりました


            ↓をクリックして応援してください。
 引き続き、 ホームページランキング1位 の座を守れるよう応援をお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (6)

2006年2月12日 (日)

[130]名付けに役立つ人名用漢字に関する読み物風字源字典

 感謝 ホームページランキング1位 維持


 人名用漢字983字とその旧字形131字の1,164字を見出しとする字源字典

 「字統」の人名用漢字版であるが、素人むきにわかりやすく書き直してあり、熟語例も載っている。

 「常用字解」とシリーズをなすことから、常用漢字の旧字体から人名用漢字に入ったものは、「常用字解」を参照することになっている。

 上に述べたように人名用漢字のすべての字源が分かるわけではないことと、「字統」を素人むきにする過程で、省かれた部分に大事なことが書かれており、省いたのは、誤りであったと思われる点があるという欠点がある


 まだ続きます。


 5位(最高4位)です。3位以内をめざしたいと思いますので、引き続き、クリックして、応援をお願いします。
(15位23位・27位・42位も私のブログです。)
人気blogランキング


1位(最高1位)に復帰できました3位5位・6位・10位・11位も私のブログです。5位以上完全制覇は、昔日の感がありますが、4つのブログが、6位までに入ることができました。3位以下のサイトとは、私のものも含め、完全に差がついた感がありますが、引き続き、クリックして応援してください。1位争いができるようになりました。今後ともよろしくお願いします。
ホームページランキング
1位復帰できましたが1位キープを目指したいと思いますので、より一層の応援をお願いします。


昨日の[129]の記事は、この字源字典を見ながら書きました。


人名字解
人名字解
 


 たとえば「柾」は、「柩」の異体字として、中国にある字ですが、「人名字解」を見ただけでは、この字源学の大家は、このことを知らないのではないかと思ってしまうが、「新訂字統」には、ちゃんと書いてあり、国字という用語の使い方が、やや私などとは異なっているだけだということが分かる。


 以上のことと名乗り例はないことを理解した上であれば、名付けの参考にする字典としても、字源や漢字に興味がある人の読み物としても、おすすめ出来る。


 ただ、「常用字解」とあわせて約3,000字の解説が4,935円と漢和辞典を買う感覚からすれば、高いことは、考えておいていただきたい。

 今後とも、Yahoo・Google認定「名前漢字」サイト最高峰「名前漢字と名付けお助けブログ」を応援いただきたい。


 なお、気に入っていただいた場合は、一番上か二番目のランキングをクリックしていただければ、幸いである。

 5位(最高4位)です。3位以内をめざしたいと思いますので、引き続き、クリックして、応援をお願いします。
(15位23位・27位・42位も私のブログです。)
人気blogランキング


1位(最高1位)に復帰できました3位5位・6位・10位・11位も私のブログです。5位以上完全制覇は、昔日の感があります。3位以下のサイトとは、私のものも含め、完全に差がついた感がありますが、引き続き、クリックして応援してください。1位争いができるようになりました。今後ともよろしくお願いします。
ホームページランキング
1位復帰できましたが1位キープを目指したいと思いますので、より一層の応援をお願いします。


クリックして応援してください。


 1月16日に記録した1,065アクセス以来、1日1,000アクセスを超える日はありませんが、2月に入って、1日は850アクセス、2日は870アクセス、3日は823アクセス、4日は827アクセス、5日は922アクセス、6日は971アクセス、7日は890アクセス、8日は902アクセス、9日は817アクセス、10日は841アクセス、11日は748アクセスで、11日間で9,461アクセスと1日平均860アクセスを超えています


 引き続き、 ホームページランキング1位 の座を守れるよう応援をお願いします。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 5日 (日)

[122]名付けに役立つ実在の人物7万人を調べられる辞典

 感謝 ホームページランキング1位 復帰


 歴史上の実在の日本人名を名前から引く辞典。

 義経の武将、弁慶は名前は知っているが、名字がわからないので、普通の人名辞典では、調べられないが、困ったなというときなどに重宝する辞典。

 古代から近現代までの7万人について、名字と略歴(1行程度)がわかる。

 実在の日本人名であるから、単に名付けの実例として参考になるばかりか、悪名をとどろかせた人を避けるという利用方法もある。


 占い師みたいに、何の根拠もなく、縁起の悪い名前とは考えたくもないが、悪人と同じ名前を避けたいと考えるのは、人情の当然であり、そういう点ではかなり役に立つ辞典と言えるのではないだろうか。


 6位(最高5位)です。5位以内をめざしたいと思いますので、引き続き、クリックして、応援をお願いします。
(18位22位・28位も私のブログです。)
人気blogランキング


1位(最高1位)に復帰できました5位6位・13位・19位・29位も私のブログです。5位以上完全制覇は、昔日の感があります。3位以下のサイトとは、私のものも含め、完全に差がついた感がありますが、引き続き、クリックして応援してください。1位争いができるようになりました。今後ともよろしくお願いします。
ホームページランキング
1位に復帰できましたが1位キープを目指したいと思いますので、より一層の応援をお願いします。


名前から引く人名辞典
名前から引く人名辞典


 歴史上の人物が中心の辞典であるようですが、現代人も結構入っています。もっとも現代専用また女性専用の人名辞典で補えば、より良くなるだろうとは、思います。


 今後とも、Yahoo認定「名前漢字」サイト最高峰「名前漢字と名付けお助けブログ」を応援いただきたい。


 なお、気に入っていただいた場合は、一番上か二番目のランキングをクリックしていただければ、幸いである。

1位(最高1位)に復帰できました5位6位・13位・19位・29位も私のブログです。5位以上完全制覇は、昔日の感があります。3位以下のサイトとは、私のものも含め、完全に差がついた感がありますが、引き続き、クリックして応援してください。1位争いができるようになりました。今後ともよろしくお願いします。
ホームページランキング
2位になってしまいましたが1位復帰を目指したいと思いますので、より一層の応援をお願いします。


 6位(最高5位)です。5位以内をめざしたいと思いますので、引き続き、クリックして、応援をお願いします。
(18位22位・28位も私のブログです。)
人気blogランキング


クリックして応援してください。

| | コメント (0) | トラックバック (13)

2006年1月31日 (火)

[117]名付けに便利な漢和辞典は、何か


 結論を先に言うと、12月に出る学研の『漢字源』(第4版)を待てるのであれば、これがイチオシ

 以下、その理由。

 名付けに便利という点で、漢和辞典を見てみると、やはり人名用漢字辞典のすべてが、本文で解説されている必要があると思います。

 その基準で見ると、『新漢語林』・『学研新漢和大字典』・『例解新漢和辞典』・『新選漢和辞典』(新人名用漢字対応版)が該当します。

 これらは、漢字から引く場合には、人名用漢字や常用漢字の多くに名乗り欄があり、便利ですが、索引から引く場合は、人名に使える字であることがすぐに分かる工夫をしているものはあっても、名乗り欄にある例すべてが、索引できる訳ではありません。

 本文にある名乗りのすべてが索引できるものとして、『増補改訂JIS漢字辞典』がありますが、この辞典は、常用漢字・人名用漢字・国字といった情報がありませんので、名付けにそう便利ではありません。

 『学研新漢和大字典』に118項目の改訂意見を出したことは、他のブログで書きましたが、『漢字源』では、200項目以上の改訂意見を出し、多くの項目を採用していただいています。

 『漢字源』の改訂版は、12月ごろ出る予定なので、まだ詳細を公表できる段階ではありません。

 ただ、せっかく来ていただいた方のために、若干明かしておきますと、親字は学習用漢和で最大であった『新漢語林』の14,300あまりを大きく超えて、少なくとも15,000台にはなります。

 熟語数も『新漢語林』より5割程度多い予定です。

 国語関係に弱い漢和辞典の欠点を一部解消する提案も採用されています。今日も、この方面の提案を少ししておきました。

 なお、追加提案しようと思っていることは、先ほどから書いてあることで分かるかと思いますが、人名用漢字に関する提案です。

 これが採用されれば、その内容を具体的に書くとともに、19年度以降に高校に進学される方と、来年度以降結婚される方や辞典の出版が名付けに間に合う方には、私が改訂意見を多く述べている『漢字源』(第4版)を名付けに使っていただくよう、おすすめする日記を再度書こうと思っています。

 なお、名付け関係以外でも、漢和辞典がこのように改善されればありがたいという提案がありましたら、2月中旬ぐらいまでにご提案ください。

 これから担当に連絡したいと思います。

 提案した結果

 ページ数的に厳しいが、売りにはなると思うので、どのぐらいページ数の増になるか計算し、追加可能か上と相談してみるとのことでした。提案したのは、人名用漢字と名付けに関することとだけ言っておきましょう。

 今後とも、Google認定「名前漢字」サイト最高峰「名前漢字と名付けお助けブログ」を応援いただきたい。

 なお、気に入っていただいた場合は、一番上か二番目のランキングをクリックしていただければ、幸いである。


2位(最高1位)です5位6位・16位・23位・29位も私のブログです。5位以上完全制覇は、昔日の感があります。3位以下のサイトとは、私のものも含め、完全に差がついた感がありますが、引き続き、クリックして応援してください。1位を争いは、過去になりましたが、今後ともよろしくお願いします。
ホームページランキング
2位になってしまいましたが1位復帰を目指したいと思いますので、より一層の応援をお願いします。

 8位(最高5位)です。5位以内をめざしたいと思いますので、引き続き、クリックして、応援をお願いします。
(17位24位・27位も私のブログです。)
人気blogランキング


クリックして応援してください。


 16日は、目標としていた1,000アクセスを越え、1,065アクセスと最高を記録しました。17日は、871アクセス、18日は845アクセス、19日は817アクセス、20日は883アクセスでしたが、21日は、6日に始めて800アクセスを超えてから、初めて800アクセスを割って643アクセスになりましたが、22日は835アクセス、23日は931アクセス、24日は850アクセス、25日は773アクセス、26日は831アクセス、27日は807アクセスで、今月の1日平均アクセス数は、830を超えていました。しかし、一昨昨日の書き込みを手抜きと見られたのか、一昨日は、一挙に660アクセスに減りましたが、29日は789アクセス、30日は813アクセスと若干持ち直しました。この批判を真摯に受け止め、改善したいと思いますので、さらに応援していただきたく、お願いします


 昨年は、多くの応援有難うございます。おかげさまで、ランキング1位と2位を獲得することができました。
 本年もよろしくお願いします。
 

| | コメント (0) | トラックバック (13)

2006年1月14日 (土)

[97]名付けに学習辞典を使ってみよう

 自宅に国語辞典や漢和辞典ぐらいあるのが普通だと思いたいが、そうでない方は、図書館で調べてもらいたい。

 いわゆる人名用漢字が、2004年9月に488字追加になったので、それに対応した辞典(付録ではなく、本文に組み込まれているほうが良い)が好ましいのは、言うまでもない。具体的な例は、右側のおススメ商品などでも紹介しているので、参考にしていただきたい。

 いままで、名付け辞典のほかに、漢和辞典で漢字の意味を調べるべきであるということは、何度も申し上げてきたので、それ以外の用途について述べたいと思う。

 名前に当てる漢字については決まっていないが、こんな名前にしたいと読みは決まっている場合、どうするだろうか。

 もちろん、名付け本が役に立つこともあるだろう。

 しかし、漢和辞典の音訓索引のほうが多くの例がわかる。

 どの漢和辞典が良いかというと、新人名用漢字に対応したもので、常用漢字・人名用漢字であることがわかるように音訓索引にある漢字が色刷りや記号で区別してあるものが良い。

 音訓索引を見ると、自分がつけたいと思っている名前に対応する漢字がわかるばかりではなく、暇なときに漫然と眺めているだけで、こんな名前もいいかもしれないという発見もあるかもしれない。特に訓の中に自分があまり詳しくなかったもので、意味も読みも悪くないなと思えるものに出会う可能性があるということだ。

 また、昔人気のあった名前だが、当て字の人が多く、語感だけの問題で、特に意味はないのではと思っていた言葉に当てるべき漢字があるということがわかるかもしれない。これは、漢和辞典の音訓索引ばかりでなく、国語辞典にも言えることである。

 たとえば、最近ご結婚されて、黒田清子さんとなられた清子内親王は、「さやこ」さんであって、「きよこ」さんではない。これは、形容動詞「さやか」が漢字で書くと「清か」となるからである。

 このようなことを知らないで、まったくの当て字をするより、やはり意味のある字にするほうが良いと思われる。

 また、趣のある名前にしたいと思う場合は、古語辞典を使うという手もある。小学館の『全訳古語例解辞典』は、現代語から古語を引くことができる現古辞典というミニ辞典が付録についている。

 お気に入りの言葉に対応する古語の中で、現代にも通じるなという言葉が見つかったら、それを名付け候補にすることもできるだろう。


1位(最高1位)争いをしています3位4位・5位・7位・11位も私のブログです。5位以上完全制覇は、昔日の感がありますが、第一歩を踏み出したことになります。3位以下のサイトとは、私のものも含め、完全に差がついた感がありますが、引き続き、クリックして応援してください。1位を争いは、非常に熾烈ですので、今後ともよろしくお願いします。
ホームページランキング
ついに頂点に立つことができましたが、2位であることのほうが多くなっています1位復帰を目指したいと思いますので、より一層の応援をお願いします。


 6位(最高5位)です。5位以内をめざしたいと思いますので、引き続き、クリックして、応援をお願いします。
(19位21位・26位も私のブログです。)
人気blogランキング
 次ののランキングへの膨大な支持者の一部の方をこちらに誘導できればと思い、ランキングの貼り付け順を変更してみました。今のところ、こちらにも、流れが来たようです。次のランキングが苦戦していましたので、一時的にもとに戻していましたが、2番目においたのでは、此方への投票が激減するようなので、やはり上におくことにしました。皆様方の暖かい応援に対し、記して感謝の意を表します。


 2位になりましたが、3位も私のブログです。3位4位・5位・6位・9位・12位も私のブログです。5位以上完全制覇が、再び達成できましたが、瞬間的でした。)1位キープを目指したいと思います。クリックして応援してください。


 5日は789アクセス、6日は864アクセス、7日は873アクセス、8日は984アクセスと増えていましたが、9日が972アクセス、10日が948アクセスとやや足踏み状態でした。それでも今年に入ってから平均750アクセス以上で、このブログの実力を超える訪問者数なので、これ以上多くの訪問者は、無理なのではないかと考えていたところ、11日は、987アクセスと今まで最高を記録しました。12日は、残念ながら879アクセスと減りましたが、13日は、973アクセスと最高に近いアクセス数に戻りました。目標としている1,000アクセスには、一歩及びませんが、十分すぎるほどのアクセス数だと思っています。昨年に続く応援に、記して、感謝の意を表します


 昨年は、多くの応援有難うございます。おかげさまで、ランキング1位と2位を獲得することができました。
 本年もよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (3)